出会いを科学する

自信を持つと幸せになれる!恋愛も人生もうまくいく自信の付け方
    Avatar
    メンタリストDaiGo監修#自分磨き
    2019年09月18日 更新

    自信を持つと幸せになれる!恋愛も人生もうまくいく自信の付け方

    「自分のことが好きじゃなくてなかなか自信が持てない…」「自信を持つにはどうしたらいいの?」と悩む方は多いですよね。自分に自信がないと、恋愛や仕事も消極的になってしまいます。そこで今回は、そもそも自信がなくなる原因や、恋愛も人生も最高にさせる自信の付け方をお教えします。

     自分のことが好きになれなくて、なかなか自信が持てない……

     ネガティブに考えがちなので、自信満々の人を見るとうらやましい

    恋人がほしいけど、自分から積極的に動けない

    自分に自信を持つにはどうしたらいいの?

    自分に自信が持てない状態が続くと、恋愛や仕事にも消極的になってしまいます。

    そこで今回は、自信が持てなくなってしまう原因から恋愛や人生にプラスの効果をもたらす自信の付け方をお伝えします。

    そもそもなぜ自信はなくなってしまうのか?

    自信を持つと幸せになれる!恋愛も人生もうまくいく自信の付け方 1番目の画像

    生まれつき自信がゼロという人はいません。

    誰もが少なからず自分のことを信じ、肯定しながら歩んでいます。

    ところが、仕事の失敗や失恋などをきっかけに、一時的に自信を失い、そのまま低空飛行を続けてしまうケースがあります。

    さらに、自信がないときや自己肯定感が低いとき、人は消極的になり自信を取り戻す機会を逃しがち。その原因は、次のような3つの不安にあります。

    ① 失敗に対する不安
    失敗したらどうしよう……という不安。
    その影響でチャレンジする回数が減少。結果的に成功が得られず、自信が回復しない。
    ② 将来への不安
    将来への漠然とした不安。
    その影響で積極策よりも消極策を選んでしまう。結果、現状維持が続き自信が回復しない。
    ③ 他者評価への不安
    「こんなことをしたら、みんなにどう思われるか……」という他人からの評価に対する不安。
    常に他人の目を気にしてしまうので思い切った行動に出ることができず、自信も回復しない。

    つまり、手痛い失敗をきっかけに自信を失うと、「また失敗するかも」という不安が膨らみ、行動力が低下。自信を回復させるきっかけが掴めない悪循環に陥ってしまうのです。

    自信を回復させる近道は、チャレンジすること!

    自信がない状態=ネガティブバイアスが強く働いている状態

    私たちには元々、「ネガティブバイアス」と呼ばれるバイアスがあります。

    これは失敗したこと、間違えたことなど、悪い体験の記憶が強く残りやすいという傾向のこと。

    進化心理学では、失敗=生命の危機に直結していた太古の暮らしの中で形成されたバイアスだと考えられています。

    自信を失ったままの悪循環の渦中は、まさにこの「ネガティブバイアス」が強くなっている状態。ここを脱するには、自信を取り戻すきっかけとなる体験が必要です。

    「チャレンジできる人間なんだと自覚すること」が自信につながる

    自信を持つと幸せになれる!恋愛も人生もうまくいく自信の付け方 2番目の画像

    人はどんなときに自信を取り戻せるかと言うと、自分の中で「こうやったらうまくいくかもしれない」と仮説を立て、行動に移し、物事が思った通りに運んだときです。

    このときに達成感を覚え、それが自信を回復させるきっかけとなります。

    例えば……
    ◆ 今までにやったことのないスポーツに挑戦してみる

    ◆ 行ったことの旅行先へ自分で計画を立てて行ってみる

    ◆ 友だちに声をかけて、みんなで集まる会の幹事役を務めてみる

    そんなふうに新しいチャレンジを楽しむことで、成功体験が得られ、ネガティブバイアスの働きを弱めることができます。

    いきなり大きなチャレンジをする必要はありません。身近なことから始めましょう。これは心理学の世界で「スモールステップ理論」と呼ばれる方法で、小さなチャレンジの積み重ねによって自信は回復します。

    大切なのは、自分は計画を立て、チャレンジできる人間なんだと自覚すること。これが自信につながるのです。 

    チャレンジする力を高める5つの方法

    自信を回復させるきっかけとなるスモールステップを踏みやすくするためには、次の5つメンタルテクニックが役立ちます。

    チャレンジ力を高める方法① いいことがあったら何度も思い返す

    1日のうちに小さなことでも自分からチャレンジして「良かったな」と思える体験があったら、それを何度も思い返しましょう。

    「スリー・グッド・シングス」と呼ばれる、1日の間にあった良かったことを3つ書き記す日記を付けるのも効果的です。

    チャレンジ力を高める方法② 一番伸ばしたい力が発揮できた時を思い出す

    • おいしい料理を作れるようになりたい
    • ハーフマラソンを走れるようになりたい
    • 英会話の勉強を続けたい


    そんなふう今、あなたが一番伸ばしたい力を決め、それがうまくできたとき、成果が出たときのことを何度も思い返しましょう。

    • 家族が『おいしいね』と喜んでくれた
    • 10キロ走れるようになった
    • 駅で迷っている外国人観光客に道案内をした


    伸ばしたい力の成長が感じられたシーンを思い返すことで、次もまたチャレンジしたいと思えるようになります。

    チャレンジ力を高める方法③ 自分自身の味方でいる

    自信を持つと幸せになれる!恋愛も人生もうまくいく自信の付け方 3番目の画像

    伸ばしたい力を育てるため、あなたが自分にしてあげたことを思い返しましょう。

    例えば……
    ◆ おいしい料理を作れるようになりたい

    →参考になりそうなレシピ本を買ってきた
    ◆ ハーフマラソンを走れるようになりたい

    →早起きしてランニングをした
    ◆ 英会話の勉強を続けたい

    →英会話レッスンの比較サイトで評判のいい教室を調べた

    そんなふうにあなた自身が、あなたの伸ばしたい力を応援する行動を取れたとき、自分を褒めてあげましょう。

    努力できる自分を確認することが、自信の回復につながります。

    チャレンジ力を高める方法④ 健康的な生活を心がける

    健康にいいことを生活に取り込みましょう。それだけでもストレスが軽減され、心も健康的になり自己肯定をしやすい状態に回復します。

    加えて、メンタルコントロールのためにプラスとなる行動を起こせたとき、自分を高く評価しましょう。

    例えば……
    ◆ 集中力を高めるため、意識的に早寝早起きを心がけ、生活リズムを整えた
    ◆ ストレス発散にいいと聞き、昼休みに公園を歩くグリーンエクササイズを行った
    ◆ 幸福感を高める効果があると聞き、少額ながら募金箱に募金した

    行動力の土台となる心身の健康を維持する努力も、その努力を実行できたこと自体も、自信を回復するためのスモールステップとなります。

    チャレンジ力を高める方法⑤ 人と喜びも悲しみもシェアする

    本音を打ち明けられる友達、仲間の存在がネガティブバイアスを打ち消してくれます。

    「悩んでいるのは自分だけではない、みんなも悩みを抱えているのだ」と、孤独ではないことを実感したり感情を共有したりすることが自信を取り戻すスモールステップになります。

    感情をシェアすることで喜びは2倍になり、悲しみは半分になるのです。

    自信を取り戻してハッピーライフを手に入れよう!

    自信を持つと幸せになれる!恋愛も人生もうまくいく自信の付け方 4番目の画像

    自信を失った状態が続くと恋愛に対しても受身になってしまいます。

    すると、気になる人に出会ったとき、いざ素敵な人に誘われたとき、「どうせダメかも……」と二の足を踏んでしまう可能性が高くなります。

    その結果、恋愛経験が更新されず、異性の前でどう振る舞えばわからなくなり、「やっぱり自分は恋愛なんてしない方がいい」と恋愛を遠ざける負のループに入ってしまうことも。

    そんな状態から脱するためにも、ネガティブバイアスについて学び、小さな成功体験を積み重ねていくことで自信を取り戻していきましょう。

    自信のある女性はキラキラと輝いていて魅力的です。本来の「できる自分」を取り戻せば、恋愛にも仕事にも好影響が出始め、それがさらに自信を回復させてくれます。自信を取り戻してハッピーライフを送りましょう!

    ◆ 【関連記事】自己肯定感診断で自分の自身の状態をチェック!


    #いい女
    #婚活
    #恋活
    #自分磨き
    #恋愛苦手
    #心理テクニック
    #女性向け
    #男性向け

    【メンタリストDaiGo監修】カップル相性診断

    イベントバナー編集用 1番目の画像

    withは価値観や性格の相性、共通点から異性を探せる唯一無二のマッチングサービス。メンタリストDaiGo監修の診断でデート中の行動をもとに相性ぴったりのお相手をご紹介します。