出会いを科学する

【メンタリストDaiGo監修】「脈ありサイン」ってどこで見る? 恋のはじまりを判断
    メンタリストDaiGo監修

    2018年05月17日 更新

    【メンタリストDaiGo監修】「脈ありサイン」ってどこで見る? 恋のはじまりを判断

    LINEの返信が返ってくるから脈ありだと思っていたのにうまくいかなかった…なんて経験はありませんか? 相手の「脈ありサイン」を間違えないために、心理学的に解明されている「本物の脈ありサイン」を教えます。

    恋愛に関する本を書いていたとき、その取材中に男性からも女性からもよくこんな質問を受けました。

    • 「どこからが恋のはじまりか、相手の男性が脈ありなのかどうかわかりません」
    • 「一緒に楽しくごはんに行ける女性がいます。でも、単に友達感覚なのか、自分に好意があるのか。相手の気持ちがわからず、もう一歩が踏み出せません」


    いい出会いがあって、好きな人ができたとしても、それが、いつ、どうやって恋愛に発展していくのか。

    大切なのは、相手が無意識のうちに発している「脈ありサイン」を見逃さないことです。

    そんなふうにアドバイスすると、こんな経験談を語ってくれた人もいました。

    • 「男性がこまめにLINEにも返信してくれて、脈ありかなと思って『付き合ってください』と伝えたら、『ごめん、オレ、そういうつもりじゃなくて』と言われました」
    • 「悩み相談に乗っているうち、頻繁にメッセージをやりとりするようになった子がいたんですけど、『好きです』と伝えたら、サーッと引いていきました。女性の気持ちがわかりません」


    うまくいきそうな感触があったのに、なぜ、恋は始まらなかったのでしょうか。

    もしかすると、今この記事を読んでいるあなたも、相手の「脈ありサイン」を読み違えて恋のはじまりを逃したことがあるかもしれません。

    今回は、LINEやスマホのメッセージから見えてくる、本当の「脈ありサイン」について解説します。

    あなたの好きな人は、スマホをどんなふうに扱っていますか?

    【メンタリストDaiGo監修】「脈ありサイン」ってどこで見る? 恋のはじまりを判断 1番目の画像

    多くの人は、気になっている異性から届くメールやメッセージの頻度や文章、内容に注目します。

    しかし、「脈ありサイン」に気づくには頻度や内容以前に「気になる相手が普段、スマホをどう扱っているか」を観察することが欠かせません。 

    なぜなら、そこにメールやメッセージから「脈あり」「脈なし」を判断するカギが隠されているからです。

    食事中などのスマホの扱い方は、大きく分けて3つのパターンが見られます。

    • 1. スマホをテーブルの上に出しておかない人
    • 2. テーブルの上に置き、ほとんどチェックしない人
    • 3. テーブルに出し、頻繁に手にとってチェックする人


    もし最近気になっている異性や好きな人がいるなら、その相手が日頃、スマホをどういうふうに扱っているかを思い出してみてください。

    出会った後のメッセージへの返信スピードは?

    そして、2人でお茶や食事をする機会があったら、別れた後すぐに「今日はごちそうさまでした」「楽しかったです」といったメッセージを送り、返信のスピードに注目しましょう。

    「1」のタイプの人からの返信が遅いのは当然です。スマホに重きをおかず、すぐに返信する習慣がないわけですから、「メッセージが返ってこない……」と不安になる必要はありません。

    しかし、「2」「3」のタイプの人が半日たっても返信してくれないとなれば、それは「脈なしサイン」です。あなたからのメッセージを確実に見ているのに返信が遅いのは、「あまり興味がありません」というサインだと考えるべきでしょう。

    一方、「1」のタイプの人が素早く返信してくれた場合は、それがどんなに短くそっけない内容やスタンプ1つだったとしても、「脈ありサイン」と考えて間違いありません。

    返信が順調に返ってくるのは、脈あり?  脈なし?

    【メンタリストDaiGo監修】「脈ありサイン」ってどこで見る? 恋のはじまりを判断 2番目の画像

     続いて、冒頭で紹介した「うまくいきそうな感触」だったのにうまくいかなかったメッセージのやりとりを見てみましょう。

    • 「男性がこまめにLINEにも返信してくれて、脈ありかなと思って『付き合ってください』と伝えたら、『ごめん、オレ、そういうつもりじゃなくて』と言われました」
    • 「悩み相談に乗ってもらっているうち、頻繁にメッセージをやりとりするようになった子がいたんですけど、『好きです』と伝えたら、サーッと引いていきました。女性の気持ちがわかりません」


    共通している点は、どちらも「返信が順調に返ってきた」ところです。相手からやりとりがスタートしていることが少ない場合、それもまた「脈なしサイン」。

    冷静になってLINEのタイムラインやメールの履歴を見返すとわかりますが、こちらがメッセージを投げ、相手がそれに返信という繰り返しのはずです。

    特に女性の場合は人に嫌われたくない心理が強く、相手のことを考えて恋愛対象じゃなくても連絡は返してくれる傾向があります。

    つまり、メッセージが行き来するから「脈あり」な態度、行動ではないということです。

    用のない連絡=恋愛の始まりを告げる「脈ありサイン」

    では、どんなメッセージやメールならば「脈ありサイン」なのか。これは心理学の研究ではっきりとした結果が出ています。

    • 用のない連絡=脈ありサイン。


    目的も用もない連絡が相手からちょこちょこ届き始めたら、それは相手の好意の表れです。

    「今日食べたパンケーキがおいしかった」
    「きれいな夕焼けだったので送ります」

    写真とともにそんなメッセージが届くなら、それは「脈ありサイン」です。

    逆にあなたが送った用のないメッセージに、相手が返信してくれるなら、それは恋の始まりの可能性が高いと言えるでしょう。

    おすすめの記事

    気になる男性の好意を見抜く4つのポイント

    知ればあなたも恋愛上手! LINEにまつわる男性心理

    男友達・女友達を好きになったとき、恋人になるための上手な気持ちの伝え方


    好きな人が見つかる婚活アプリ

    testのコピー 2番目の画像

    メンタリストDaiGoが監修するwithは、共通点や価値観、性格の相性で相手を探すことができる婚活・恋愛マッチングサービス。心理学・統計学に基づいた診断で、運命よりも確実な相手を探してみませんか。