出会いを科学する

【男女別】 デートをドタキャンする心理・理由は?ドタキャンされづらくなる方法も
    2021年12月17日 更新

    【男女別】 デートをドタキャンする心理・理由は?ドタキャンされづらくなる方法も

    楽しみなデートであればあるほど、ドタキャンされると落ち込み、「なんで?」「どうして?」の思いがつのりますよね。今回は、ドタキャンする人の本音を男女別に解説します。

    「ついにこの日がやってきた!」とワクワクして迎えたデート当日の朝、スマホに届く「ごめん、今日はいけなくなった」のメッセージ。あるいは、待ち合わせ直前に鳴った電話で告げられる「他の日にしていい?」のひと言。

    ドタキャンは、落ち込みますよね。それも楽しみなデートであればあるほど……、「なんで?」「どうして?」の思いがつのります。

    今回は、ドタキャンする人の本音を男女別に解説します。

    【男女共通】ドタキャン常套句

    【男女別】 デートをドタキャンする心理・理由は?ドタキャンされづらくなる方法も 1番目の画像

    やられるとショックの大きいドタキャン。まずはその連絡で使われることの多い常套句を集めてみました。

    もちろん、本当にのっぴきならない事態が発生してのドタキャンもあるのでしょう。でも、この手の常套句が使われるときは、だいたい「行きたくなくなった」が本当の理由です。

    家族の予定

    「急に実家から母がくることになって」「家族で集まらなきゃいけなくて」など、「家族は大事だよね」のニュアンスによって誰も傷つけず、ドタキャン成立となる……狙いです。

    家族の体調不良

    「祖母の体調が悪くて」「弟が熱を出して、両親は仕事だから面倒を見ないといけなくて」とくれば、仮にそれが嘘だとしても「それは心配だよね」と返すしかありません。

    急な仕事が入った

    「今日までの案件が終わらなくて」「上司から急な仕事を振られて」など、ドタキャンの嘘の理由として、いくらでもアレンジが効く「仕事のせい」は超便利。

    いきなり「俺より/私より、仕事が大事なの?」と言い出す人はまずいません。

    体調不良

    「今朝起きたら、体調が悪くて」「少し熱っぽくて、インフルエンザも流行っているし、今日はやめとくね」など、自分の体調不良を理由にするのも敵を作らないドタキャンの手口です。

    でも、「心配だから、すぐに食べられるものを買って、お見舞いに行くよ」など、思わぬ追撃を受けることもあります。

    【男女共通】ドタキャンする心理・理由

    ドタキャンされた側からすると、「直前になってドタキャンするくらいなら、せめてデートの約束をする前に断ったり、当日まで時間のあるうちに連絡してくれたりすればいいのに」と思いますよね。

    でも、ドタキャンをする側には、直前になるまで言い出せないそれなりの理由があるのです。

    最初からドタキャンするつもりだった

    デートの予定を約束したときから、「忙しい時期だから厳しいかも」「これはドタキャンするしか……」と思っているケース。

    予定を決めるとき、それ以前に「その日は予定が……その日も。その日も」と断っていたものの、「じゃあ、来月なら大丈夫?」「来月の空いてる日、今、教えてよ」と迫られてしまい、押し切られる形で約束した場合、「ドタキャンで切り抜けるしかないか」という心理になります。

    もっと魅力的な予定とかぶった

    海外に赴任中でめったに会えない友達が帰国する日とかぶった、大好きなアーティストの追加公演の日とかぶった、前から気になっていた異性から誘われたなど、目の前のデートよりも魅力的な予定ができてしまい、ドタキャンすることに。

    当日めんどくさくなった

    当日の朝、「行くの、めんどくさ」となってキャンセルするドタキャンの黄金パターンです。

    気が乗らない、なんとなくなどの気分に、雨が降っているといった理由が重なり、「今日までの案件が終わらなくて」「体調が優れなくて」とメッセージを送って、家でゴロゴロ。

    そんなに好きな相手ではなかった

    一応、押さえでデートの約束したものの、相手のことがそこまで気になっているわけでもなくて「会ってみて面倒なことになったら、嫌だな」と、行きたくなくなってしまうパターンです。

    【女性特有】ドタキャンする心理・理由

    生理などでしんどい

    生理が重く、しんどい人は出かけることすらつらいもの。腹痛、頭痛、腰痛が伴うだけでなく気分も滅入るので、デートに限らず、あらゆる予定キャンセルしたくなります。

    プランを練る段階で萎えた

    デートの約束する時点で待ち合わせの場所から、行くお店までが全然、決まらなくてグダグダ。

    相手の男性は経験不足なのか、「どこがいい?」と聞いてくるばっかりで、「私、適当に扱われる?」「頼りなさそう」と行く気が失せてしまいます。

    デート日まで連絡がなかった

    男性によくあるのが、デートの日を決めたら目標達成した気分になって連絡しなくなるパターン。女性はこれをされると心が離れていきます。

    【男性特有】ドタキャンする心理・理由

    仕事が押した

    働き盛りでバリバリ仕事をしていると、予定が押してしまいデートどころじゃなくなることも。また、上司や客先からの無理な依頼を断れないのもよくあることです。

    「自分は一生懸命、仕事に打ち込んでいる」という意識があるので、ドタキャンしても理解してもらえると考えがちです。

    「なんでもいいよ」と言われた

    デート相手の女性から「何でもいいよ」と、プランを全部投げられて、「そこまで本気でもないんだけど……」と面倒くさくなり、ドタキャン。

    やりたいことの1つくらいはリクエストしてもらいたいのが、男性の心理です。

    デート前に緊張して体調悪化

    「初デートで失敗できない」「自分がリードしなくては」と緊張。それをほぐそうと飲みすぎて二日酔いになったり、眠れなくて寝不足になったり……。体調不良でドタキャンするはめに。

    ドタキャンは脈あり?脈なし?

    【男女別】 デートをドタキャンする心理・理由は?ドタキャンされづらくなる方法も 2番目の画像

    ドタキャンされると傷つきますが、した側も「本当にやむを得ず」のケースもあります。

    脈ナシゆえのドタキャンなのか、脈アリだけど泣く泣く……のドタキャンなのかを見分けるポイントは、リスケのやりとりへの反応です。

    次の日程がスムーズに出てくるようなら、やむを得ずのドタキャンで、脈アリの可能性大。

    逆に連絡への返信ナシや「また時間ができたら」的な先延ばし系のメッセージばかりなら、脈ナシ確実。

    深追いしてもしんどくなるだけなので、諦めましょう。

    ドタキャンされにくくするために心がけたいこと

    なんとなく面倒くさくなって……といった脈ナシ、脈アリどっちつかずなドタキャンを避けるためには、デートまでのコミュニケーションが重要です。

    デートの日程・場所決めはスマートに

    グダるとデートのモチベ下がるので、女性は受け身になりすぎず、ある程度希望を伝えましょう。

    また、男性はリードしてあげることを心がけ、日程やデート場所はスマートかつ、スピーディに決めていくべきです。

    連絡頻度を落とさない

    前日の「明日は楽しみ」的なリマインドメッセージはもちろんのこと、デートの当日までちゃんと連絡を取り合うこと。

    デートの約束をして「デートを決めた!」と安心して連絡頻度を落とすと、それがドタキャンにつながります。

    プラスαの楽しさを用意しよう

    なんとなく悪い人じゃなさそう……くらいの感触で交わしたデートの約束は、時間がたつにつれて相手にとって気が重い予定になっていきがちです。

    そこで、明らかに楽しそうな見どころ、おいしそうな食事、関心のあるイベントなど、相手の興味のベクトルが向くプラスαの要素をデートプランに盛り込みましょう。

    ドタキャンされたらどう対応するのが正解?

    「ドタキャンする相手なんてありえない!」と怒り心頭なら、そのままフェードアウトでもかまいません。ただ、「相手にもなにか事情があったはず」「やっぱり会ってゆっくり話してみたい」と思うなら、リスケのために柔軟な対応を取りましょう。

    誠実な対応

    ドタキャン直後は残念で悲しい気持ちになりますが、怒らず「そうなんですね!」と相手のドタキャン理由を受け止めるオトナな対応を。それで、相手からの好感度が高まり、デートのリスケにつながることもあります。

    相手からのリスケの連絡を待つ

    ドタキャン相手は、もしかしたら本当に嫌になったのかもしれません。その場合、無理に何度も誘うと逆効果。向こうからのリスケの連絡を待つスタンスでいましょう。

    ドタキャンの理由が本当に体調不良や仕事のせいなら、「この間はごめんなさい」のメッセージとともに、リスケ日程提示があるはずです。


    #恋愛あるある
    #メンタルトレーニング
    #彼女を作る
    #彼氏を作る
    #失恋
    #上手なコミュニケーション
    #アプローチ
    #初デート
    #片思い
    #婚活
    #恋活
    #男性心理
    #女性心理
    #デート
    #出会いの場
    #恋愛心理学
    #女性向け
    #男性向け