出会いを科学する

独身貴族に当てはまる人の特徴は?結婚を視野に入れているなら知っておいてほしいこと
    2021年11月29日 更新

    独身貴族に当てはまる人の特徴は?結婚を視野に入れているなら知っておいてほしいこと

    結婚せずに独身を謳歌している「独身貴族」と呼ばれる男性たちっていますよね。今回は、独身貴族に当てはまる人の特徴や「いつか結婚…」と考えているならば知っておいたほうが良い真実などを紹介します。

    いわゆる結婚適齢期になっても、独身を謳歌している「独身貴族」と呼ばれる男性たちがいます。今回は、そんな独身貴族に当てはまる人の特徴を解説。

    また、「いつかは結婚……」と考えている独身貴族に向けて、知っておいたほうが良い真実を紹介します。

    独身貴族とは?

    独身貴族とは、結婚せずに独身を謳歌している人のこと。主に男性を示し、1970年代後半から使われるようになった言葉です。

    イメージとしては、時間もお金も自分のためだけに使い、自由気ままに趣味を楽しみ、人生を楽しんでいる男性。その悠々自適なライフスタイルが貴族っぽいところから生まれた造語です。

    ちなみに、独身の女性の場合、独身貴族よりも「お一人様」という呼び方のほうが一般的です。

    独身貴族の特徴

    独身貴族に当てはまる人の特徴は?結婚を視野に入れているなら知っておいてほしいこと 1番目の画像

    独身貴族に何歳から何歳まで、年収はこれくらいという明確な定義はありません。ただ、「あの人は独身貴族だよね」と呼ばれる人には、以下のいくつかの特徴が共通しています。

    ① お金に困っていない

    独身貴族は「貴族」と言われるくらいなので、お金に困っていません。年収は平均的でも実家がお金持ち、貯金があるなど、自由に使えるお金が多く、豊かな1人時間を送っています。

    あくまでもモテるけど、あえて結婚を選ばないというスタンスです。

    ② 仕事が充実している

    仕事が楽しく充実しているので、いきいきと働いています。そして、その充実した仕事が十分な報酬につながっているのです。

    結婚を前提とした交際や家庭を持つことで、仕事に使える自由な時間が制限されるのを嫌っています。

    ③ 趣味があり交友関係が広い

    週末のテニス、ゴルフ、釣り、ジムなど、没頭できる趣味があり、プライベートも充実。いっしょに遊べる仲間も多く、さみしさを感じません。

    むしろ、結婚したら趣味を謳歌できなくなりそうと考えている傾向も。

    ④ 恋愛が長続きしない

    恋愛そのものに飽きっぽかったり、理想へのこだわりが強すぎて恋人ができても減点評価してしまったり、関係がなかなか長続きしない傾向があります。

    それでも「モテているから大丈夫。恋人はすぐできる」と考えています。

    ⑤ 独りが楽だと思っている

    一人暮らしが長く、自分のペース、生活のルーティンができあがっています。気ままが一番。誰かといっしょに住むなんて考えられないというタイプです。

    ⑥ 結婚は煩わしいものだと思っている

    結婚していった同世代の男たちを見て、「小遣い制!?」「育児!?」「ゴルフに行ったら嫌な顔をされた!?」など、自分を最優先できない暮らしぶりを知り、結婚生活に幻滅。

    結婚式の準備も、親戚づきあいも、彼女のご機嫌とりも面倒だし、結婚=地獄だとすら思っています。

    ⑦ こだわりが強い

    飲む水はカナダ産の軟水、お米は魚沼産コシヒカリ一択、塩は岩塩、クルマはドイツ車、服はイタリアン・カジュアルなど、生活用品全般にこだわりが強く、「こだわっている俺、かっこいい」感も。

    そのこだわりがわからない人とはいっしょにいられないので、結果的に同棲も結婚も難しそう。

    ⑧ 遊びたい

    シンプルにまだまだ遊びたい。遊び足りない。夜遊びしたいし、合コンにも行きたいし、趣味も満喫したい。そのためには独身がベストと考えています。

    ⑨ 自分のためだけにお金も時間も使いたい

    稼いだお金はすべて、がんばった俺へのご褒美。他人のためには、お金も時間も使いたくないタイプ。

    自分がモテるために使うのはOKでも、口説いた相手、結婚した相手にコストをかけるのは心のどこかで無駄だと思っています。

    独身のままだとヤバいかもと感じる瞬間

    自由気ままな独身貴族も、「このまま独りではヤバいかも」と思う瞬間があります。そして、忍び寄った不安は年齢を重ねるごとにじわじわ広がっていくのです。

    ① 独身貴族仲間が婚活し始めとき

    一生一緒に独身だと思っていた仲間からの突然の「俺、婚活を始めた」発言。

    「いつまでも遊ぶとばっかり言っていられる歳じゃない」「親に孫の顔を見せたくなった」「このまま一人暮らしかと思ったら怖くなってきた」など言われ、焦り始めます。

    ② 友達に家庭の幸せを説かれたとき

    心を許している友達からつくづく「家庭っていいよ」「子供がいるって最高だぜ」と笑顔で語られ、「あれ?  もしかしてこっちのルートもいいのかも……」「まだ間に合うかも……」と心境に変化が。

    ③ 周りに独身がいなくなっていたとき

    40代、気づけば周りは既婚者ばかり。

    いっしょに趣味を楽しんでいたメンバーも一人欠け、二人欠け、急な誘いをかけても断られることが多くなり、新メンバーは若手ばかりで話が合わず、孤独を感じるように。

    ④ 老後を考えたとき

    親が病気をしたことなどで、自分も歳を取ったんだなと実感。関心のある情報を自然と集めてしまう心理効果「カラーバス効果」が働き、急に孤独死や独居老人のネットニュースが目につくようになります。

    そして、「老後を考えはじめると、このままじゃヤバいかも……」と焦り始めるのです。

    危機感を感じるのならば早めに行動を

    もし、あなたが今、独身貴族的な暮らしを楽しみつつも、心のどこかで「結婚も」と考えているなら、年齢から逆算した行動を取りましょう。

    じつはオックスフォード大学が結婚適齢期について調べた研究があります。

    この調査で、女性が男性を結婚相手として魅力的に感じる年齢、男性が結婚に適した精神的な成熟を迎える年齢がある程度、見えてきました。

    女性から見た結婚相手として魅力を感じる男性の年齢は、25〜35歳。

    25歳以下は「恋人としてはいいけど、結婚への真剣度は低そう……」と見られてしまいます。ですから、婚活市場で男性は25歳からゆっくりとモテ始め、35歳でピークを迎えます。ただ、そこから下降するわけではなく、40歳までは魅力が横ばいで推移していくのです。

    独身貴族に当てはまる人の特徴は?結婚を視野に入れているなら知っておいてほしいこと 2番目の画像

    これを知って、「男は年齢が上がるほど魅力も上がる!」と思ったなら、それは勘違い。

    40歳すぎてからの婚活では遅すぎます。

    特に独身貴族タイプの男性は、結婚への精神的な成熟度が遅れがち。40歳になってもまだ「自分の時間がなくなるから」という価値観でいると、婚活はうまくいきません。

    また、「なるべく若い子がいい」と思っているならなおさらです。いくら年上の男性にも可能性があると言っても、現実には「5歳上くらいまでかな」と思っている女性が大半です。

    「自分は感覚が若いし、おじさんじゃない」つもりでも、客観的に見れば年相応のおじさん。婚活黄金期の30〜35歳の感覚で40代を過ごすと痛い目に合う可能性が大きいことは心しておきましょう。


    関連記事
      一人暮らしが寂しいと感じる瞬間は?孤独を感じないようにするための対処法
      婚活がうまくいかない…と悩むアラサー女子必見!婚活がうまくいかない原因と成功させる方法
      実は婚活適齢期!彼氏なしの30代女子が恋愛をするために知るべきこと
      男性の婚活は25〜35歳が黄金期!人生がうまくいく婚活開始のタイミングとは
    #恋愛あるある
    #社会人の恋愛
    #結婚
    #婚活
    #恋活
    #男性心理
    #恋愛心理学
    #男性向け

    価値観で出会える恋愛・婚活マッチングアプリwithとは

    withは、価値観や性格の相性、共通点からお相手を探せる唯一無二のマッチングサービス。

    超性格分析 by withによる診断で相性のいい異性を探してみませんか。

    【超性格分析 by with】「守護者タイプ」の特徴と恋愛傾向 5番目の画像