出会いを科学する

ビッグ・ファイブとは?本当の性格がわかる性格分析理論を完全解説
    Avatar
    メンタリストDaiGo監修
    #恋愛心理学
    2018年10月10日 更新

    ビッグ・ファイブとは?本当の性格がわかる性格分析理論を完全解説

    性格を表すビッグ・ファイブ…ってそもそも何?と疑問を抱く方は多いはず。
    そこで今回は、科学的に最も信憑性が高いとされるビッグ・ファイブの5つの要素とそれぞれの持つ特性などを解説します。

    ビッグ・ファイブとは

    「ビッグ・ファイブ」とは、科学的に最も信憑性があるとされている性格分析の理論で、私たちの性格は次の5つの性格因子の組み合わせによって決定されると考えます。

    1. 外向性(社交性)
    2. 開放性(チャレンジ力)
    3. 誠実性(勤勉性)
    4. 協調性
    5. 神経性傾向(ストレス耐性・メンタル傾向)


    今回は、「賢恋研究所」の記事でもよく登場する「ビッグ・ファイブ」について改めて詳しく解説していきたいと思います。

    ビッグ・ファイブを構成する
    5つの性格因子

    各性格因子はレベル5からレベル1までに分かれ、レベル5から順に「◯◯性」や「◯◯力」が高い、やや高い、普通、やや低い、低いと判定されます。

    偏差値と同じように、人数の分布は普通が最も多く、続いてやや高い、やや低い、高いと低いに入る人は、かなりのレアキャラです。

    ただし、高いから良い、低いから悪いというわけではなく、それぞれのレベルがその人の性格を反映しているだけに過ぎません。

    では、さっそく「ビッグ・ファイブ」の5つの性格因子についてそれぞれ解説していきます。

    ① 外向性(社交性)

    ビッグ・ファイブとは?本当の性格がわかる性格分析理論を完全解説 1番目の画像

    外向性は、ポジティブなことへの感情の反応を表します。

    外向性の高い人の特徴
    コミュニケーション力に優れ、野心を持っている
    外向性の低い人の特徴
    物事を冷静に考察する力に優れ、家庭の安定を求める

    外向性は、周囲の人たちとのかかわりや新しい出会いなど、ポジティブな出来事に対してどう反応するかを示しています。

    外向性が高い、やや高いに分類される人は、饒舌で、活動的なタイプ

    逆に低い、やや低いに分類される人は、人見知りの傾向があり、大人数が集まる場では寡黙になりがちです。

    とはいえ、人とのかかわりそのものが苦手かと言うとそうではなく、さみしがりなのは低い、やや低いに分類された人たち。

    相手と気心が知れるまで時間がかかるだけであって、コミュニケーション能力が乏しいわけではありません。

    ◆ 楽観的で調子のいいタイプか、落ち着いているタイプか
    ◆ 自分から話しかけていくか、いじられるのを待っているのか

    外向性からは、人とのコミュニケーションにおける、あなたの立ち位置が見えてきます。

    ② 開放性(チャレンジ力)

    ビッグ・ファイブとは?本当の性格がわかる性格分析理論を完全解説 2番目の画像

    開放性は、想像力の広がり、拡散的思考、芸術的感受性を示します。

    開放性が高い人の特徴
    芸術性、知性に優れ、改革を好む
    開放性が低い人の特徴
    問題解決能力に優れ、形式的な思考を求める

    まだ見ぬ新しい世界に対して好奇心を持ち、行動に移すことができるかなど、

    • 想像力
    • 行動力
    • 感受性


    …を示すのが、開放性。また、新しいものをどのくらい求めているかという探求性も示します。

    このレベルが高くなればなるほど、感性を刺激する創造的なもの、抽象的なもの、芸術的なものへの関心が強くなっていきます。

    逆に低ければ低いほど、安定志向で保守的な性質が表に出てきます。

    レベル5の人
    常識にとらわれず革新的な言動で周囲の人を惹きつけるが、時として独善的になってしまい、和を乱す傾向も。
    レベル1の人
    手堅い選択でグループを安定的に機能させるが、メンバーは刺激の少なさに不満を感じるかも。

    このように、開放性はあなたの行動がどのような基準にもとづいているかを表してくれます。

    ③ 勤勉性(誠実性)

    ビッグ・ファイブとは?本当の性格がわかる性格分析理論を完全解説 3番目の画像

    勤勉性は、自己コントロール能力の高さを示します。

    勤勉性が高い人の特徴
    自己抑制が効き、集中力が高い
    勤勉性が低い人の特徴
    アドリブ力に長け、行動力がある

    目の前で起きた出来事、定められた目標に対して、どう対応していくかを示すのが、勤勉性です。

    • 誠実性
    • 勤勉性
    • 継続性
    • 真面目さ


    …などと呼ばれることもあります。

    勤勉性が高い人
    一点集中型で、目の前の問題の解決や目標の達成に向けて誠実に取り組む性質を持っている。

    長期的な計画を立てて遂行することも得意とし、公私共に安定感のある人として頼られる存在になるかも!
    勤勉性の低い人
    注意散漫で飽きっぽい性質を持っている。

    ただし、衝動的な分、さまざまなものに興味を持ち、行動力を発揮する能力も兼ね備えているとも言える。

    つまり、勤勉性は「何かをやりたい!」という衝動に対して、自分をどのようにコントロールしていくのかを示しているのです。

    ④ 協調性

    ビッグ・ファイブとは?本当の性格がわかる性格分析理論を完全解説 4番目の画像

    協調性は共感能力を示しています。

    協調性の高い人の特徴
    協力的で道徳的
    協調性の低い人の特徴
    カリスマ性があり、孤立を恐れない

    協調性は共感能力チームワークと言い換えることができます。

    • 周囲の人たちをどれだけ思いやれるか
    • 歩調を合わせて進むことができるか

    …といった、チームで物事を成していく性質の高低を示すのが、協調性です。

    協調性のレベルが高ければ高いほど、共感能力に優れ、面倒見のいい人物として周囲から信頼されていきます。

    一方、協調性のレベルが低い人は、相手の感情に寄り添うのが苦手で、誤解を招くことも。

    ただ、理詰めで物事を判断し、すばやく決断する能力を備えているので、カリスマ性のあるリーダーとなる可能性も秘めています。

    このように協調性からは、周囲の人とのかかわりの中でどのようなポジションに立ちやすいかが見えてきます。

    ⑤ 神経性傾向(ストレス耐性・メンタル傾向)

    ビッグ・ファイブとは?本当の性格がわかる性格分析理論を完全解説 5番目の画像

    神経性傾向は、ネガティブなことへの感情の反応を示しています。

    神経性傾向の高い人の特徴
    周囲の人の感情への感度が高く、空気を読むこができ、洞察力がある

    ※いわゆる「メンタルが弱い人」
    神経性傾向の低い人の特徴
    恐怖心に囚われることなく頼れる存在で、温和

    ※いわゆる「メンタルが強い人」

    不安になるようなトラブル、プレッシャーのかかる仕事やテストなど、ネガティブな出来事に対してどう反応するかを示すのが、神経性傾向です。  

    神経性傾向の高い人
    人よりも優れた感受性を備えているため、ネガティブな出来事に遭遇した際、動揺しやすい傾向あり。
    独特の発想力、繊細な気配りのできる性質とも言える。
    神経性傾向の低い人
    物事に動じず、冷静に判断を下すことができる。
    一方で、自分に近づく危険に気づくのが遅いという面もあり。

    このように、長所短所は常に表裏一体。

    神経性傾向からは、あなたのメンタルの強い面、弱い面、柔軟さなどが見えてきます。

    まとめ

    ビッグ・ファイブとは?本当の性格がわかる性格分析理論を完全解説 6番目の画像

    私たちの性格は、この5つの性格因子の組み合わせと強弱によって形作られているというのが「ビッグ・ファイブ」の理論です。

    例えば、「自分は運がいい」と感じる人は、以下のような性格因子を持ち、「運がいい」に結びついています。

    「運がいい人」の場合
    ◆ 「運がいい人」の特徴

    運がいい人は、外交性と開放性が高く、神経性傾向も高い。
    ◆ それぞれが「運がいい」に繋がるワケ

    ・高い外交性
    →多くの人と知り合う機会につながる

    ・高い開放性
    →「ここぞ」というときに行動力が発揮される

    ・高い神経性傾向
    →運の流れや環境の変化に敏感

    このように、性格因子の要素の複雑な組み合わせによって、人格が出来上がっているのです。

    実際に自分の性格因子について診断してみたいという人は、私が監修した「超性格分析アプリ」を試してみてください。


    ビッグ・ファイブ理論に基づいた性格分析だけでなく、それぞれの特徴に合ったパートナー選び、相性診断にも役立つ内容となっています。

    ぜひ使って見てくださいね。


    #超性格分析
    #ビッグ・ファイブ
    #心理テスト
    #恋活
    #恋愛心理学

    新しい恋を探すなら
    メンタリストDaiGo監修の恋活アプリwith

    testのコピー 3番目の画像

    メンタリストDaiGoが監修するwithは、共通点や価値観、性格の相性で相手を探すことができる婚活・恋愛マッチングサービス。心理学・統計学に基づいた診断で、運命よりも確実な相手を探してみませんか。