出会いを科学する

彼氏と喧嘩したときに絶対にしてはいけないNG行動はコレ。仲直りの方法も
    2021年08月06日 更新

    彼氏と喧嘩したときに絶対にしてはいけないNG行動はコレ。仲直りの方法も

    彼氏と喧嘩すると気まずいし、どうやって仲直りたらいいかわからないですよね。今回は、彼氏と喧嘩したときに絶対にしてはいけないNG行動と、上手に仲直りする方法を伝授します。
    • 些細なことがきっかけで喧嘩になってしまって、仲直りのきっかけが掴めない……
    • イライラするとつい彼氏に当たってしまって、ますますイライラしてしまう……
    • 彼氏と冷戦中。でも、好きだから、このまま別れたくない……


    好きだからこそ、甘えてしまって、「もっとわかってほしい」と思い、喧嘩になるのはよくあることです。

    でも、彼氏と喧嘩が長引くと気まずいものですし、どうやって仲直りしたらいいかもわからなくなっていきますよね。

    そこで今回は、彼氏と喧嘩したときにやってしまうとますます関係が悪化するNG行動と、上手に仲直りする方法を伝授します。

    彼氏との喧嘩って辛いですよね

    彼氏と喧嘩したときに絶対にしてはいけないNG行動はコレ。仲直りの方法も 1番目の画像

    冷静になって振り返ってみると、付き合っている2人の喧嘩の原因は些細なことがほとんどです。

    一緒にテレビを見ていて、彼氏に私の好きなアーティストをバカにされて口喧嘩に

    外デートの約束だったのに、「曇っているから」と家から出たがらない彼氏にイラッ

    俺の生活のリズムを押し付けてくる彼氏の態度にムカついて、無視し始めたら話かけるきっかけがみつからなくなった


    原因やきっかけが相手にあっても、あなたにあっても、喧嘩し続けるのは体力も精神力も使うのでしんどいものです。

    できれば、辛くなってくる前に仲直りしたいものですが、人間は感情の生き物。素直になれず、火に油を注ぐ行動を取ってしまうことがあります。

    彼氏と喧嘩したときに絶対にしてはいけないこと

    喧嘩のきっかけや原因が自分にあったとしても、彼氏にあったとしても、感情的に次のような行動を取ると、2人の間の空気は急激にギクシャクしていきます。

    ・逆ギレ

    あなたに非があって彼氏から怒られたとき、「なんでこれくらいのことで怒るの?」「ホント、器が小さいよね」などと逆ギレするのは最悪です。自分はそんなに悪くない、相手が怒りすぎ!  とアピールしたいのかもしれませんが、逆効果。

    怒りを感じている彼氏は、まずその思いを発散し、彼女がある程度、受け止めてくれなければ気持ちが落ち着きません。ここで逆ギレしてしまうと、最初の怒りの炎が鎮火しないまま、さらに燃え上がることになります。

    ・人格否定

    彼氏に非があっての口論や喧嘩だとしても、相手の人格を否定するのはやめましょう。

    • 「そういうところに、頭の悪さがでるよね」
    • 「あなたは、チビだもんね」
    • 「どうせ、仕事のほうが大事なんでしょう」


    相手の人格に関わる部分、変えられない部分を否定して攻撃すると、信頼関係そのものにヒビが入ります。つまり、一旦は仲直りしても火種がくすぶることになるのです。

    関連記事
      喧嘩しないカップルは別れる?別れない?仲良しカップルでいるためのコツ

    ・ヒステリックになる

    喧嘩の最中、感情が抑えられず、ヒステリックな反応を見せてしまうと、冷静な話し合いができなくなります。

    悔しさや虚しさ、切なさで自然と涙が溢れてしまうこともありますが、泣き喚いたり、怒鳴ったりするのはやめましょう。

    ただし、泣くのがNGというわけではありません。涙には本人の感情を落ち着ける効果があるので、静かに泣いて、冷静に反論するのが上策。

    彼氏も静かな涙からの冷静な反論には、相手の本気度を感じ、耳を傾けるはずです。

    ・へらへらする

    • 「まあまあ、そんなに怒らなくていいじゃん」
    • 「もういいから、ごはんにしようよ」
    • 「こわーーーい」


    軽くあしらうことで嫌な空気を脱することができるケースもあります。ただ、相手の怒りが本物だと、こうしたヘラヘラした応対は神経を逆撫ですることに。

    怒っている方は、自分が真剣になっていることが伝わっていないと感じ、気持ちの置き場をしなってしまいます。

    関連記事
      気をつけて!カップルが喧嘩中につい言いがちな別れをまねく地雷言葉5選

    ・他人と比較する

    • 「友達の〇〇の彼氏はそんなこと絶対しないのに」
    • 「元カレならやってくれたのに」
    • 「それくらいで怒るから、前の彼女にも振られちゃったんじゃないの?」」


    ここぞとばかりに彼氏を他人と比較したり、過去をほじくり出して責めたりするのはやめましょう。

    「それ言ったら、おまえだって……」と彼氏の怒りの矛先が変わり、口論はますます延焼していきます。

    関連記事
      【カップルの喧嘩のマナー】大きな喧嘩を招く言動ランキングと仲直りのコツ

    ・「時間が解決してくれる」と放置する

    言い合うのが面倒くさくなって「はいはい」「わかった、わかった」「ごめん、ごめんと切り上げ、「あとは時間が解決してくれるだろう」と放置していませんか?

    なんとなくウヤムヤにするのは一見、スマートな解決方法ですが、時間に任せた放置は彼氏からの信頼を失う結果になります。時間は相手の抱えた怒りを遠ざけはしても、忘れさせはしてくれません。

    「謝ったから、なかったことになるだろう」「そのうち水に流せるだろう」というのは都合のいい考え方です。

    ・徹底的に喧嘩する

    些細な喧嘩をきっかけにこれまでの不満を全部ぶつけ合うのは避けましょう。

    気に入らないことや思い違いがあったら、お互いに本音をぶつけ合って、わだかまりをすべて出し切った方がいい!  という考え方もありますが、イライラしているときは冷静な判断ができません。

    ついついその場の口論で勝とうとして、人格否定をしてしまったり、誰かと比較して責めてしまったり、お互いの傷を深くする結果になってしまいます。

    2人の仲が深まる仲直りのコツ

    彼氏と喧嘩したときに絶対にしてはいけないNG行動はコレ。仲直りの方法も 2番目の画像

    「喧嘩するほど仲がいい」という言葉があるように、喧嘩をきっかけにして関係を深めていけるカップルもいます。そんな2人が喧嘩の際に心がけているコミュニケーションの取り方を紹介します。

    ・自分から声を掛ける

    感情的な怒りをぶつけるでもなく、相手の出方を待つのではなく、彼氏、彼女が積極的に自分から声をかけ、謝って、話し合いの雰囲気を作れるカップルは仲が深まります。

    彼氏が怒っている場合、本人も内心「仲直りしたい」と思っています。でも、「今は気まずいし、自分から歩み寄るのは悔しい」と。そんな気持ちになっているわけです。

    そこで、あなたの方から彼氏に「ごめんね、少し冷静に話したい」と声をかけ、きっかけを作ってあげましょう。

    ・相手の謝罪をすぐに受け入れる

    仮にあなたに落ち度がなく、彼氏が誤解から一方的に怒っていたとしても、「ごめん」と謝罪されたら、そこで幕引きにしましょう。

    「だから、言ったのに」「冷静になればわかるよね」「一方的に怒られてどんな気持ちだったと思う?」など、蒸し返して反撃しても気分がいいのは最初だけ。新たな火種になるだけです。

    関連記事
      ケンカ中の彼女と仲直りしたい男性必見。心理学から判明した上手な謝り方と仲直りの方法

    ・早めに謝り、話し合う時間を長く取る

    もし、自分が悪いことをしたと思っているなら、早めに謝りましょう。

    「ごめんね」からの「あなたの話を聞かせてくれる?」という展開に持ち込み、何が問題になっていたのか、彼氏がどんな気持ちでいたのかを聞き、未来に向けて話し合っていきましょう。

    関連記事
      彼氏とケンカしちゃった…正しい謝罪と仲が深まる仲直りの方法

    ・原因を、冷静に話し合って突き止める

    お互いの怒りが収まったタイミングで、何が喧嘩の発端になったのか、何が嫌だったのか、その理由などを冷静に分析していきましょう。

    お互いの性格や怒りスイッチへの理解が深まることで、いい関係を築けるようになっていきます。

    ・できるだけ一緒に時間を過ごす

    怒りの感情は長く持続するものではないので、顔を合わせない、気分転換するための冷却期間を置くのはいい対処法です。

    ただ、1週間も2週間も会わないのは逆効果。恋人同士など、心を許している相手とは一緒にいる時間が長ければ長いほど、信頼関係が深まっていきます。

    そばにいれば、それだけ関係修復のきっかけもつかみやすくなります。

    まとめ

    仲が深まる仲直りの仕方は簡単そうに見えて、実際にやろうとすると難しいもの。これは怒りの感情や負けたくないという意地が邪魔をするから。

    しかし、あなたが関係修復のための行動を起こし、それによって彼氏を受け入れることで、確実に2人の関係性は深まっていきます。

    もちろん、あなたが怒り、彼氏が関係修復のための行動を起こした場合も同様です。「あのときは傷ついたけど、自分も悪かった」と言えるカップルはいい方向に成長していきます。


    出典:メンタリストDaiGoの「Dラボ」

    関連記事
      2人の関係性から見るカップルの種類9選!長続きするカップル、しないカップルもわかる!?
      同棲カップルが仲良しでいるためのルールとは?注意したいトラブルや心がけ|賢恋研究所
      ディズニーに行くカップル必見!別れ対策&楽しみ方&おすすめのディズニーコーデ
      夫婦円満の秘訣とは?仲良し夫婦でいるための9つのポイントとNG習慣
      長続きするカップルになりたい!ずっとラブラブでいられる方法とは
      あなたは大丈夫?カップルを破局に導く「ナイーブ・シニシズム」とは
      誰もが羨む仲良しカップルの7つの特徴とより仲を深めて長続きさせる3つの秘訣
    #恋愛あるある
    #上手なコミュニケーション
    #長続きする恋愛
    #彼女
    #彼氏
    #カップル
    #心理テクニック
    #恋愛心理学
    #女性向け

    【メンタリストDaiGo監修】エゴグラム診断

    イベントバナー作成用 12番目の画像

    withは価値観や性格の相性、共通点から異性を探せる唯一無二の恋愛・婚活マッチングサービス。自我を形成するエゴグラムからあなたの性格を診断し、相性の良いお相手を探していきましょう。