出会いを科学する

幸せ配達人には、ある共通点があった! 一緒にいる彼氏、彼女を幸せにしてくれる人
    Avatar
    メンタリストDaiGo監修
    #理想の相手
    2018年08月09日 更新

    幸せ配達人には、ある共通点があった! 一緒にいる彼氏、彼女を幸せにしてくれる人

    今一緒にいる彼氏、彼女とは幸せですか?10年、20年と長い時間をともに過ごしていくパートナーとしては相応しいですか? 今回は、何年経ってもあなたに優しくしてくれ、ずっと慈しんでくれる、そんな得難いパートナーを見つける3つの方法をお伝えします。

    男性、女性に限らず、周囲にいる人たちを幸せな気持ちにさせてくれる性格の人がいます。恋愛の先に結婚があるとして、10年後、20年後という長い時間をともに過ごしていくパートナーには、そんな幸せ配達人のような人を選びたいものです。

    10年後、20年後も今と変わらず、あなたに優しくしてくれ、ずっと慈しんでくれる人。今回はそんな得難いパートナーを見つける3つの方法をお伝えします。

    1つ目は、彼氏や彼女が、第三者へどのような接し方をするかを見る

    幸せ配達人には、ある共通点があった! 一緒にいる彼氏、彼女を幸せにしてくれる人 1番目の画像

    1つ目の方法は、付き合っている彼氏、彼女、あるいは気になっている異性の第三者への接し方を観察するというもの。

    その際、第三者とはあなたの会社の同僚の友達といった何らかのつながりのある人ではなく、まったく無関係の相手であることが条件です。

    例えば、初めて利用するレストランに行ったとします。

    そこで、店員さんがオーダーを間違えました。そのとき、彼氏、彼女、意中の異性はまったく無関係の第三者のミスに対して、どんな反応を見せるでしょうか。

    行きつけのお店で顔見知りの店員さんであれば、「ごめんなさい」「大丈夫ですよー」といったやりとりになるはずです。しかし、第三者の店員さんが相手の場合、怒り出す人もいます。

    ときには「責任者を出せ」と怒鳴ったり、正しいオーダーが通った後も同席するあなたに「ダメなヤツだ」などとくどくど文句を言い続けたりする人もいます。

    これは危険信号です。

    どんな人でも、気に入られたい相手にはステキな自分を演出しようとします。ところが、無関係の第三者には本人の素が出てしまうのです。

    自分と利害関係も人間関係も築いていない第三者に対して、キツく当たり、高圧的な態度を取る人は、結婚してから熱い恋愛感情が落ち着いてきたとき、パートナーにも似たような反応や行動を出す傾向があります。

    つまり、第三者への接し方があなたに対する接し方とあまり変わらず、やさしさのこもった態度なのであれば、安心です。その人はこの先も豹変することなく、出会った頃のやさしさを持ってあなたと向き合ってくれます。


    2つ目は、子供の頃の写真を見せてもらう

    他者へのやさしさを持った人を見つける2つ目の方法は、子供の頃の写真を見せてもらうことです。

    というのも、人には「デュシェンヌ・スマイル」と呼ばれる顔全体の筋肉が動いた自然な笑い方があります。

    目尻にはカラスの足跡のような笑いジワが入り、目の周りの筋肉である眼輪筋が収縮した笑顔です。そして、幼少期からこのデュシェンヌ・スマイルが多い人は、離婚する確率が低いことも心理学の研究で証明されています。

    このデュシェンヌ・スマイルと離婚率の研究で使われたのは、卒業アルバムでした。

    カリフォルニア大学バークレー校の心理学者リー・アン・ハーカーとダーカー・ケルトナーは、卒業アルバムでデュシェンヌ・スマイルを浮かべている人とそうではない人のその後の人生を追跡調査。満面の笑みだった人はそうではない人に比べて離婚率が5分の1だったというデータを発表しています。

    とはいえ、実家を行き来するような関係にならないかぎり、相手の卒業アルバムを見せてもらうのはなかなか難しいもの。

    ですから、ある程度、仲良くなったところで「子供の頃の写真を見せて」と伝え、かしこまった記念写真ではなく、友達と遊んでいるようなシチュエーションで彼や彼女がデュシェンヌ・スマイルを浮かべているかどうかチェックしましょう。


    3つ目は、仲間やあなたとのツーショット写真を撮ってみる

    幸せ配達人には、ある共通点があった! 一緒にいる彼氏、彼女を幸せにしてくれる人 2番目の画像

    最後、3つ目の方法は一緒に写真を撮ることです。

    集まった仲間との集合写真でもいいですし、スマホでの2人の自撮りでもかまいません。「笑ってー」と言ってシャッターを切ったとき、笑顔になっているかどうかを見ていきましょう。

    ただし、このときの笑顔はデュシェンヌ・スマイルでなくても大丈夫。いかにも合わせてくれたなーという笑みでもかまいません。というのも、ここでチェックしたいのは感情のコントロール能力だからです。

    たとえ、彼や彼女が浮かべたのが作り笑いだったとしても、それは「この場面で笑顔になった方がいい」「みんなの雰囲気も良くなる」と判断できている証拠。つまり、感情のコントロールができているということです。

    心理学の研究では、相手との関係を良くしようと笑顔を浮かべることができ、楽しい方に自分の感情を導ける人は人間関係に恵まれることがわかっています。そして、人間関係に恵まれる人が安定した経済基盤を築くことも証明されています。

    みんなで写真を撮るときに笑顔を浮かべられる人ならば、パートナーとして大外れではないということ。「俺はうまく笑えないから」「私は本当に楽しくないと笑顔なんか見せられない」というタイプは、友人に留めておきましょう。

    もちろん、浮かべる笑顔がデュシェンヌ・スマイルなら最高です。

    アメリカの研究では野球の選手カードの撮影時にデュシェンヌ・スマイルを浮かべていたメジャーリーガーは、そうでない選手に比べて平均寿命が長かったという結果も出ています。

    つまり、いい笑顔を浮かべていると長生きで、パートナーにもやさしいということ。付き合う側からすると、長く慈しんでもらえる理想的な相手と言えるわけです。


    #理想の相手
    #長続きする恋愛
    #結婚
    #カップル

    幸せ配達人を探そう!

    個別バナー編集用 15番目の画像

    メンタリストDaiGoが監修するwith(ウィズ)は、共通点や価値観、趣味や好きな物事など、性格の相性からお相手を探せる婚活・恋愛マッチングサービス。