出会いを科学する

面食い女子が顔にこだわる心理は?外見で判断するとどうなるのか
    2021年12月24日 更新

    面食い女子が顔にこだわる心理は?外見で判断するとどうなるのか

    「イケメンなら中身はどうでもいい」という面食い女子っていますよね。また自分では面食いのつもりがなくても、周りから面食いだと思われているパターンも。今回は、面食い女子が顔にこだわる心理は見た目で判断することで起こりうることなどを解説。

    「イケメンじゃないと、ときめかない」「正直、中身はどうでもいい」「好きになるのはいつも顔から」という面食い女子っていますよね。

    また、自分では面食いのつもりがなくても、普段の言動から周りに「イケメン好き」と思われている女性もいます。

    「顔が好みなのに越したことはない……」という本音を前提にしつつ、今回は、面食い女子が顔にこだわる心理を分析。また、人を見た目で判断し続けると起こりうるトラブルについても解説します。

    面食い女子とは?

    面食い女子が顔にこだわる心理は?外見で判断するとどうなるのか 1番目の画像

    「顔が良ければなんでもOK!」と、恋人にする男性の条件として、なによりも容姿を重視する女性のこと。フツメンでもアウトで、自分の好みのイケメンでないと認めません。

    • 「性格に難があっても顔が好みならば許せる」
    • 「いくらやさしくても顔がイケメンじゃないと恋人には……ダメ」
    • 「周りの友達からうらやましがられる、かっこいい人と付き合いたい」


    そんな価値観を持っているなら、面食い女子と言えるでしょう。

    ある程度外見で判断するのは人間の本能

    清潔感があるかどうかを見るのは当然のことですし、なるべく良い遺伝子がほしいという動物としての本能か、顔のバランスや肌の状態を見て健康そうな相手を選ぼうとするのはごく自然なこと。

    しかし、異常なまでに容姿にこだわる価値観は、やはり一般的とは言えません。ではなぜ面食い女子は相手の容姿に必要以上にこだわってしまうのでしょうか。

    面食い女子が相手の見た目に拘る心理

    面食い女子が性格面よりも外見を重視する背景には、次のような心理が潜んでいます。

    自分の外見にコンプレックスがある

    美人かそうでもないかは関係なく、自分の容姿にコンプレックスを感じている人は、他人を見るときもその視点からチェックしていまいます。

    結果、異性の外見も厳しく評価することが習慣になり、恋愛における相手選びも外見重視になっていくのです。

    かわいい子どもがほしいという願望が強い

    目がパッチリしていて、鼻筋の通った子どもを生みたい。結局、見た目がかわいい子どものほうが幸せそう。そんなふうに考え、自分よりもいい容姿の相手を探します。

    恋人をアクセサリーのように思っている

    イケメンの彼氏がいるということで自分価値が上がると考えています。周りに羨ましいと思われたいのが本音で、恋人をアクセサリーのように思っています。

    人と比較して幸せを測ったり、周囲の目を強く気にしたりする傾向のある女性は、イケメンの彼氏にこだわりがちです。

    「この子面食い?」と思われる女性の特徴

    面食い女子が顔にこだわる心理は?外見で判断するとどうなるのか 2番目の画像

    一方、自分には面食いの自覚がなく、外見よりも性格が大事だと思っているのに、周りから「あの子は面食い」と思われてしまう女性もいます。

    そんな女性たちに共通する特徴は無意識のうちに外見重視の発言をしていること。男性からすると、「あの子は面食いそう」という印象はネガティブなもの。理想が高そうで、近づくのはやめておこうかな……と敬遠されてしまいます。

    男性をイケメンかどうかすぐ評価する

    出会いの場でもそうでなくても、視界に入る男性を「あの人イケメンだよね」「あの人、あんまりかっこよくないよね」「あのセンスは信じられないよね」など、容姿で評価していきます。

    本人はゲーム感覚でつぶやいているだけでも、聞いた人は「この子は容姿でしか人を判断していないのかな?」と思ってしまいます。

    "イケメン審査"が厳しい

    メディアで話題のイケメン俳優やアイドル、ネット界隈で人気のイケメンに対して「全然、イケメンじゃなくない?」と厳しい評価を下しがち。

    自分の審美眼に自信を持っている様子が、面食いのイメージを際立たせてしまいます。

    イケメンに対する態度が違う

    カフェの店員や美容師、取引先の営業マンなど、同じような状況でも対応する相手がイケメンだと、態度がガラリと変化。

    声のトーンが高くなったり、笑顔が増えたり、やさしくなったり……顔基準で言動が変わると、「やっぱり顔で判断しているのか」と思われてしまうのも仕方ないところです。

    イケメンアイドルの追っかけをしている

    イケメンアイドルを熱心に応援していたり、「朝起きて、隣にアイドルの〇〇くんみたいな顔があったら最高だよね」とつぶやいてみたり、単なるファン心理だったとしても周囲は「イケメン好き」の印象を持ちます。

    理想のタイプの条件が外見ばかり

    「どんな男性がタイプですか?」の質問に、外見の条件ばかりを答えると「容姿しか見ていないのかな?」という印象に。

    また、「二重で、鼻筋がすっとしていて、唇が薄くて肌が白くて……」と具体的に答えすぎると、これも外見に求める理想が高すぎると思われ、面食い認定されます。

    「イケメンが全然いない」発言する

    出会いの場で「イケメン全然いないじゃん」と言ってみたり、合コンの最中、「あの顔でよく言うよね……」と同席している友達にLINEしてみたり……。自覚あり、自覚なしに関わらず、イケメン好きを主張してしまいます。

    イケメンかどうかで恋人を選ぶとどうなる?

    イケメンはモテます。

    モテる男性との恋愛は、彼らが次の出会いに事欠かないため、短命に終わりやすい傾向があります。また、イケメン=浮気性ではないですが、面食い女子が数少ない資源(イケメン)を巡って争うため、浮気への誘惑が多いのも事実です。

    つまり、外見重視で相手を選ぶと、それだけライバルの多い恋が始まるということ。

    しかも、外見だけで性格軽視すると、二股、三股は当たり前の浮気性なイケメンや金銭感覚がルーズでお金の苦労が絶えないヒモ体質のイケメンを引き当ててしまう可能性もあります。

    長期的な恋愛を望んでいるなら、外見だけ重視はやめたほうがベターです。

    関連記事
      かっこよくないけど彼氏が好き!イケメン以外と付き合うメリット&魅力|賢恋研究所
      モテる雰囲気イケメンとは?なぜかかっこいい男の外見・性格の特徴
      イケメンな彼氏のメリット・デメリットは?イケメンな優良彼氏を作る方法
    #見極める力
    #彼氏を作る
    #理想の相手
    #長続きする恋愛
    #いい男
    #婚活
    #恋活
    #男性心理
    #女性心理