出会いを科学する

恋愛依存症の4つの症状。恋愛依存体質の人の特徴と克服方法
    Avatar
    メンタリストDaiGo監修#メンタルトレーニング
    2021年03月18日 更新

    恋愛依存症の4つの症状。恋愛依存体質の人の特徴と克服方法

    「恋愛しているとほかのことに集中できなくなる」「恋人以外に興味がなくなる」に当てはまる人は、恋愛依存症の可能性があります。今回は、恋愛依存症の症状や恋愛に依存してしまう体質の人の特徴、克服方法、恋人が恋愛依存症の場合の対処法などを教えます。
    • 恋愛しているとほかのことに集中できなくなってしまう
    • 恋人以外に興味がなくなる
    • 好きな人がいるのに、最近、気になっている人もいる
    • 長く付き合っている恋人がいるけど、ドキドキするデートの相手も欲しい


    好きな人ができて、恋愛モードに入ると、そんなふうに思い始める。

    「あー、わかるかも……」と思った人は、恋愛依存症の可能性があります。

    今回は、恋愛依存症の症状や恋愛に依存してしまう人の特徴とともに、その克服方法、恋人が恋愛依存症の場合の対処法などを教えます。

    恋愛依存症の正体は「自己コントロールの放棄」

    恋愛依存症の4つの症状。恋愛依存体質の人の特徴と克服方法 1番目の画像

    恋愛依存症と聞くと、どんなイメージを持ちますか?

    恋愛するとのめり込んでしまう人?

    いつも恋愛をしていないと落ち着かない人?

    それともどんどんいろんな人を好きになってしまう人?

    どのイメージも当てはまりますが、恋愛依存症の最大の特徴は「自己コントロールの放棄」です。

    難しい言い回しですが、簡単に言うと、恋愛に苦しみ、自分が自分らしく振る舞えなくなってしまうのが、恋愛依存症。
    たとえば、

    恋人に自分の方を向いてもらいたくて傷つけるような言動を取るうち、限度を超してしまう

    2人の関係はうまくいっているのに満足できず、自分の価値を試すように他の人にアプローチしてしまう

    同時に複数の人と付き合わないと満たされないと感じる

    ……など。定義としては、1人以上の恋愛相手に対する過剰な関心と、自分の気持ちをコントロールできないことで生じる不可解な行動パターンに苦しむのが、恋愛依存症です。

    好き過ぎて一途に尽くすのがつらい、恋人の他に好きな人ができたかも……くらいは依存症ではありません。

    でも、恋愛のことで頭が一杯になり、自分をうまくコントロールできない苦しさを感じ始めたら、危険な徴候。

    恋愛依存症が始まっているかもしれません。

    ◆ 実は男性の方が恋愛依存症になりやすい!

    映画やドラマのイメージでは、女性の方が恋愛依存症になりやすいと思われていますが、心理学の研究では恋愛への依存度が高いのは男性です。

    ストーカーとして犯罪行為を起こすのは男性が多く、これは恋愛相手の女性を勝手に理想化する傾向があるからです。

    恋愛依存症になるとどうなる?  

    では、実際に恋愛依存症に陥ると、具体的にどんな症状が出るのでしょうか。

    恋愛依存症の症状① 恋愛以外のことを放棄する

    恋愛以外のことが手につかなくなります。

    仕事、友人関係、食事、家事など、日常生活を支えていたさまざまな活動に重要性を感じなくなり、放棄し始めます。

    その後、余った時間のすべて費やすかのように恋愛相手への過剰な関心が高まっていくのです。

    一途になって異常に相手への関心を引こうとし始めたり、暴力で相手を支配しようとし始めたり、自暴自棄になることで相手を振り向かせようとしたり……。

    自分をコントロールできなくなっているので、それが恋愛相手を引かせてしまう暴走になっていると気づかず、私生活を犠牲にするような行動をしてしまうのです。

    恋愛依存症の症状② 会えない期間に注目して異常にモチベーションが下がる

    恋愛相手への依存心が強くなり、週に1回ペースでデートしていたとしても、「今週末に会えるから仕事を頑張れる!」ではなく、「週末にしか会えないから、やる気でない」「寂しくて何も手につかなかった」という考え方になってしまいます。

    恋愛がご褒美や癒しとなって仕事や勉強など、他の行動にモチベーションを与えるのが健全な恋愛だとすると、恋愛依存症の人にとっては恋人と一緒にいる時間がすべて。それ以外は苦しくつらい時間になってしまうのです。

    恋愛依存症の症状③ 所有欲が強くなる

    恋愛依存症の人は、恋人を自分の所有物だと思うようになります。その結果、

    • 頻繁に「私のこと、好きだよね?」と聞く
    • 行動を監視するかのように、LINEを送る感覚が狭くなる
    • 自分以外の人と会うのを嫌がるようになる


    といった行動が出始めます。これは恋人の愛情が信じられず、でも、愛されていないと許せない気持ちが膨らむから。

    会えない間に「浮気しているのでは?」と疑い、相手を責め、潔白を主張する姿を見て安心する。そんな無意味に激しいコミュニケーションを取るようになります。

    関連記事
      【恋愛診断】「恋愛とは、不公平である」と考える恋愛スクリプトの特徴とサブタイプ
      【恋愛診断】「恋愛とは、服従である」と考える恋愛スクリプトの特徴とサブタイプ

    恋愛依存症の症状④ 恋愛が長続きしなくなる

    恋愛依存症の人の恋愛は、一途さが一気に盛り上がっていくようなものではありません。恋人への依存心、所有欲が混じり合い、また自分の感情のうまくコントロールできない状態も加わって、その恋愛は短期間で終わりがち。

    でも、恋愛そのものをしていない自分が不安なので、すぐに次の人を探し、また疑い、勝手に期待しては裏切られ、「もっといい人」を求めていきます。

    つまり、1つ1つの恋愛は短く、しかし、すぐに次の恋愛を始めるので1人でいる時間も短いというのが、恋愛依存症の人の特徴です。

    関連記事
      恋愛が長続きしない女性必見。いつも恋が短命に終わる女性の特徴6選

    恋愛依存症の症状⑤ どんどん目移りしてしまう

    恋愛依存症の人は、浮気に対する抵抗感がありません。これは浮気を付き合っている相手の愛情を試すためと解釈したり、恋に生きる自分を確認するためと考えたりするからです。

    周囲から見るとうまくいっているように思えるカップルでも、どちらかが恋愛依存症に陥っていると、その関係は薄氷の上を歩くような危ういものに。

    不信感から相手を試すような浮気行動に出て、それに恋人が耐えられなくなれば、すぐに別れが訪れます。 

    恋愛依存症になりやすい人の特徴とは

    恋愛依存症の4つの症状。恋愛依存体質の人の特徴と克服方法 2番目の画像

    性格的に恋愛依存症になりやすい人、環境的に恋愛依存症に陥りやすい人がいます。

    恋愛依存症になりやすい人の特徴① 衝動的な行動が多い

    恋愛依存症には神経生物学的な問題が関わっている可能性が指摘されています。

    ギャンブル依存やアルコール依存などと同じく、ある刺激と反応によって脳内ホルモンが過剰に分泌され、衝動的な行動を取りやすくなってしまうのです。

    この説を逆に言えば、衝動的な行動の多い人は恋愛依存症になりやすいと言えます。

    また、衝動的な行動が影響し、恋愛を始めとする人間関係がうまくいかない傾向があることも指摘されています。

    関連記事
      【メンタル傾向診断】ビッグ・ファイブで性格&恋愛傾向がわかる!メンタル傾向レベル別の特徴を解説
      メンタルに難アリかどうかは インスタグラムの投稿で丸わかり

    恋愛依存症になりやすい人の特徴② 不安型愛着スタイル

    心理学では、人がどういった人間関係を築いていくかを示す「愛着スタイル」といこの愛着スタイルが、「不安型」の場合、恋愛依存症になる可能性が高まります。

    不安型愛着スタイルの人は、人から嫌われるのを恐れる一方で、熱しやすく冷めやすい性格です。

    これが恋愛では、嫌われないために一相手の機嫌をうかがい、尽くすような行動につながります。

    ただ、熱しやすく冷めやすい面も働くので、「理想と違った」と怒り始めたり、一気に冷めたり……。自己コントロールがうまくいかない場面が増え、恋愛依存に向かいやすいのです。

    関連記事
      【愛着スタイル】不安型愛着スタイルを持つ人の人間関係の特徴と恋愛傾向
      【愛着スタイル】あなたは何型?恋愛や人間関係に影響を与える4つの愛着スタイル

    恋愛依存症になりやすい人の特徴③ 親友がいない

    環境的に腹を割って話せる友達が少ないと、恋愛依存症になりやすい傾向があります。

    周りに自分のことを理解してくれる人、長期的に信頼してくれる人、最後には助けてくれると思える人がいると、私たちのメンタルは安定します。ですから、親友や友達の存在は人生の幸福度に大きなプラスとなるのです。

    しかし、そういった友達がいない場合、メンタルのバランスが崩れたとき、恋愛というフィルターを通してつながる相手への依存度が一気に高まってしまいます。

    恋愛依存症になりやすい人の特徴④ 相手を完璧な人だと思いこむ

    完璧主義の人は、恋愛依存症になる可能性があります。

    これは物事に完璧を求めるように、「私が恋愛している相手は完璧」「俺の彼女はパーフェクトだ」と理想化。しかし、現実には完璧な人などいません。

    勝手に描いた理想を相手が裏切ったとき、このタイプの人は恋人に対して攻撃的になったり、急に冷めた態度を取ったり、と自己コントロールを失っていくのです。

    関連記事
      【恋愛スタイル診断】あなたの恋愛傾向&相性のいい人がわかる!
      【恋愛診断】「恋愛とは、幻想と理想である」と考える恋愛スクリプトの特徴とサブタイプ

    恋愛依存症になりやすい人の特徴⑤ 心配性

    心配性な人、不安を感じやすい人は、恋愛依存症になりやすいというデータがあります。

    これは恋人を心配したり、2人の関係に不安を感じたりする気持ちが高まると、それが相手への依存心や所有欲へと発展していくからです。

    心配性がエスカレートして恋愛依存症を発症することで、物静かだった彼女がストーカー的になったり、優しかった彼氏が支配的になったりと豹変する可能性も。特に10代で不安傾向が強い人は、危ういと言われています。

    恋愛依存症を克服する方法

    恋愛依存症の4つの症状。恋愛依存体質の人の特徴と克服方法 3番目の画像

    恋愛依存症の人は、自分で「私は恋愛依存症です」と自覚しているケースがほとんどありません。サングラスをかけていると、その色調で見える世界が当たり前になっていくように、恋愛依存の状態が続くと、その景色が当たり前になっていくからです。

    とはいえ、ここまで読んで「もしかして、私、恋愛依存症かも……」と思い当たる部分があったら、以下の方法を試してみてください。

    恋愛依存症を克服する方法① 恋愛観が歪んでいることを認知する

    大事なのは、歪みに気づくこと。肩こりや腰痛も姿勢の悪さが原因になっていることがあります。恋愛依存症も、まずは自分の恋愛観が歪んでいることに知るのが克服への第一歩となります。

    そこでオススメしたいのは、簡単な自己認知のトレーニングです。

    ノートを用意して、あなたの恋愛観を正直に書き出しましょう。

    ・自分をずっと好きでいてくれる人なんかいない
    ・相手を試すために浮気をしてもかまわない
    ・完璧な人を恋人にしたい

    次に、その恋愛観に悩む友人から相談されたら、どう応えるかをイメージし、書き出します。

    ・自分をずっと好きでいてくれる人なんかいない

    →恋人が途切れないのは、あなたに魅力があるから。いずれ、ずっと一緒にいられる人と出会うはず
    ・相手を試すために浮気をしてもかまわない

    →浮気をされて傷つかない人は、いない。あなたも、恋人も、浮気相手も。
    ・完璧な人を恋人にしたい

    →理想に描く完璧な人はいないから、期待しすぎるのはよくないよ

    最後に書き出した内容を自分に向けてのアドバイスとして声に出して読みましょう。恋愛観の歪みに気づくきっかけが得られるはずです。

    恋愛依存症を克服する方法② 瞑想

    恋愛依存症に付きものの「自己コントロールの欠如」を回復させるためには、瞑想が役立ちます。

    朝、起きた後、夜、眠る前など、1日の区切りとなるタイミングで、姿勢を正し、ゆっくりと深い呼吸を心がけましょう。

    最初は気が散ってしまうと思いますが、4秒吸って8秒で吐くなど、呼吸に意識を集中し、心を落ち着けていきます。5〜20分の瞑想を習慣化すると、メンタルの状態がかなり安定するはずです。

    関連記事
      共依存の恋愛関係は幸せを遠ざける!共依存カップルの特徴と危険性とは?

    恋愛依存症な恋人と別れる方法

    もし、恋人が恋愛依存症の真っ只中にいるとわかったら、「私の力で回復させたい」「愛があれば、大丈夫」と考えず、踏ん張らずに相手と距離を取りましょう。

    とはいえ、急に別れると執着心からストーカー化する可能性もあります。

    • 理想化されているならその理想像を壊す行動を取る
    • 密な連絡を求められたらあえて間を開ける
    • 浮気されても冷ややかに受け止める


    ……など、相手を幻滅させながら別れるのがトラブルの少ないフェードアウトの仕方となります。


    出典:
    メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」

    関連記事
      彼女に依存してくる彼氏に疲れた…恋愛依存な男性の特徴と程よい距離感を保つための対処法|賢恋研究所
      彼氏への依存度は?原因と心理を知って依存体質を卒業しよう


    メンタリストDaiGo監修者:メンタリストDaiGo

    慶応義塾大学理工学部物理情報工学科卒。

    日本唯一のメンタリストとしてTVなどに多数出演。

    ビジネスから恋愛や子育てまで、幅広いジャンルで人間心理をテーマにした著書は累計400万部。

    現在は大学教授やビジネスアドバイザーなどとして活躍するほか、恋活・婚活マッチングアプリwithの監修も行っている。

    with:https://with.is/welcome
    Twitter:https://twitter.com/Mentalist_DaiGo
    #メンタルトレーニング
    #上手なコミュニケーション
    #長続きする恋愛
    #嫉妬
    #自分磨き
    #恋愛心理学

    【メンタリストDaiGo監修】エゴグラム診断

    イベントバナー作成用 12番目の画像

    withは価値観や性格の相性、共通点から異性を探せる唯一無二の恋愛・婚活マッチングサービス。自我を形成するエゴグラムからあなたの性格を診断し、相性の良いお相手を探していきましょう。