出会いを科学する

エニアグラムで性格診断!「研究者タイプ」の特徴と恋愛傾向
    Avatar
    賢恋研究所編集部#恋愛心理学
    2020年10月02日 更新

    エニアグラムで性格診断!「研究者タイプ」の特徴と恋愛傾向

    マッチングアプリwithでは、心理テストや性格診断で相性のいい異性をご紹介していて、エニアグラム診断も採用されています。エニアグラム診断結果は全9タイプ。今回は、「研究者タイプ」について詳しくご紹介します。

    エニアグラム診断とは

    エニアグラムで性格診断!「研究者タイプ」の特徴と恋愛傾向 1番目の画像

    性格の考え方にはいくつかの種類がありますが、人間の性格を9種類に分類して相互の関係性を読み解く「エニアグラム」という考え方があります。

    エニアグラム診断では、

    1. 完璧主義者
    2. 献身家
    3. 達成者
    4. 芸術家
    5. 研究者
    6. 堅実家
    7. 楽天家
    8. 統率者
    9. 調停者


    …といった9つのタイプのどれに当てはまるのかを診断。

    より正確に自分の性格行動傾向を知ることで、自分はどんな相手と付き合うと幸せな恋愛ができるのか分析することができます。

    今回は、9つの中の研究者タイプについて解説します。

    静かに観察する 「研究者」

    エニアグラムで性格診断!「研究者タイプ」の特徴と恋愛傾向 2番目の画像

    研究者タイプの特徴

    冷静沈着で分析力に優れ、知的好奇心が旺盛な「研究者」。

    なにかを深く考えることが好きで、周りに流されることなく、客観的に物事を見ることができます。

    一方、淡白な性格で他者に対する関心が薄いことから、周囲が盛り上がっていても1人だけ淡々としている、という状況にもなりやすいため、冷たい人だと思われてしまうことも。

    また、考えすぎてなかなか行動に移せない……ということもよくあります。

    研究者タイプの恋愛傾向

    研究者タイプの人は、恋愛さえも観察対象としているため、相手よりも「恋愛しているときの自分」に注目する傾向が。

    また、恋人とは、情熱的な愛情表現をし合う仲というよりも、お互いの世界観を共有し、高め合える仲になりたいと考えています。

    そんな研究者タイプは、真逆の発想で、良いインスピレーションをもたらす「芸術家」と相性が良いでしょう。

    【関連記事】 エニアグラムで性格診断!「芸術家タイプ」の特徴と恋愛傾向

    研究者タイプにぴったりな恋愛のはじめ方

    このタイプの人は、あまり感情を表に出さないので、最初は「何を考えているかわからない」と思われがち。

    そのため、なるべく嬉しい気持ちや楽しい気持ちは顔に出すようにすると◎。

    また、研究者タイプの人は、自分の内面を満たしてくれるような人に惹かれる傾向があります。

    そのため、知的好奇心に刺激を与えてくれる、独特な世界観や考え方を持つ人きっとその恋は長続きします。

    研究者タイプの人との付き合い方

    研究者タイプの人は、情熱的な愛情表現が苦手。そのため、愛されているか不安になってしまうこともあるかと思いますが、「好きって言って」「愛してるの?」と愛情表現の強要をするのはNG。

    情熱的な恋愛よりも世界観や考え方を共有することを重要視しているため、「自分の話をするようになる=愛情表現」になります。

    また、自分のペースを崩されることや群れることを嫌うため、常に一緒にいようとしたり、無理に友達に紹介したりすることは避けましょう。

    【関連記事】 【エニアグラム診断】9つの性格タイプを診断&特徴と恋愛傾向を解説!


    #超性格分析
    #理想の相手
    #長続きする恋愛
    #婚活
    #恋活
    #恋愛苦手
    #出会いのきっかけ
    #恋愛心理学

    【メンタリストDaiGo監修の恋活アプリ】with(ウィズ)

    イベントバナー編集用 23番目の画像

    恋活アプリwithなら、性格分析と相性診断の結果に基づいた相性ぴったりの恋人がみつかります。