出会いを科学する

あざとい女の特徴は?嫌われるあざとい女とあざとかわいい女子から学ぶモテテクニック
    Avatar
    メンタリストDaiGo監修#モテる女
    2020年03月27日 更新

    あざとい女の特徴は?嫌われるあざとい女とあざとかわいい女子から学ぶモテテクニック

    最近よく耳にする「あざとい女」、あなたの周りにもいませんか?あざとい女性に対し、ぶりっ子が計算っぽくて嫌だなと思う反面、ちょっぴり羨ましい気持ちもある……という女性は多いもの。そこで今回は、嫌われてしまうあざとい女の特徴と、あざとい女から学ぶべきモテテクニックをご紹介します。

    「あざとい女」と聞くと、あなたはどんな女性を思い浮かべますか?

    ゼネラルリサーチが全国20代~30代女性を対象に行った「あざとかわいい女性芸能人」に関する調査では、アナウンサーの田中みな実さんや女優の石原さとみさん、小林麻耶さん、広瀬すずさん、紗栄子さんなどの名前が上がりました。

    たしかに、名前にあがっているどの女性芸能人の方も、いわゆる「ぶりっ子キャラ」で、女性からするとわざとらしく見える愛らしい仕草が特徴的です。

    そうしたあざとい女に対して、大半の女性が反感を抱く一方で、どこかで「羨ましい」という気持ちも抱いています。

    そこで今回は嫌われてしまうあざとい女の特徴と、同じあざとさでも女性を敵に回さずに「あざとかわいい」とモテるテクニックについて紹介します。

    「あざとい」とは?

    辞書で「あざとい」を引くと、「やり方があくどい。ずうずうしく抜け目がない」と書かれています。

    かなりマイナスイメージが強いですが、じつは「モテ」という切り口ではあざとさが武器になります。

    女性からすると計算高いぶりっ子に見えてしまう「わざとらしくあざとい仕草」でも、男性からすると「女性らしく可愛らしい仕草」と思えてしまうで、あざとい女子はモテやすいのです。

    嫌われてしまうあざとい女の特徴

    あざとい女の特徴は?嫌われるあざとい女とあざとかわいい女子から学ぶモテテクニック 1番目の画像

    とはいえ、できることならなるべく女性から嫌われずに「あざとかわいい女性」になりたいですよね。

    ここからは、同性から嫌われるあざとい女の具体的な特徴を5つ紹介しますが、5つ全てに共通している点は、気に入られたい相手への態度とそうでもない相手への態度が明らかに違うという点。参考にしてくださいね。

    嫌われるあざとい女の特徴① イケメンであれば誰にでも思わせぶりな態度をとる

    • イケメンには「〇〇さん、さすがですねー」とボディタッチ多めのコミュニケーションを取る
    • 彼女持ちだとしても好みタイプの男性には、上目遣い、アヒル口などで女子アピール強めの態度を見せる


    ……というように、イケメンや自分の好みのタイプの男性ならたとえ友達の彼氏だったとしても得意のぶりっ子仕草で猛アピール。

    一方、好みではないタイプの男性の前では基本、省エネ対応。イケメンなら誰にでもアピールする図々しさと、興味のない人への態度の落差で同性から嫌われるのも当然です。

    嫌われるあざとい女の特徴② 男性の前でだけ、か弱い振り

    • 女友達と一緒に過ごしているとき、固い瓶詰めの蓋もパカッと開けるのに、男女が集まったホームパーティーでは「ペットボトルの蓋、あけてー」と甘え声
    • 学生時代、遠足や林間学校で虫をバンバン退治していたのに、男子の前では「虫こわーい」と逃げ惑う


    本当はできるのに、男性の前だけ「できない」と言って手助けしてもらう計算高さに、周りの女性は「嘘つき!」と嫌悪感を抱きます。

    嫌われるあざとい女の特徴③ 周りの女性を蹴落とす

    • 飲み会で同性の先輩からツッコミを入れられたら、「〇〇先輩、こわいですぅ」
    • 合コンで「〇〇ちゃん、いつもビール飲んでるんだよお。かっこいいよね〜」と、女子力マウントを取ってくる


    周りの女性は、悪者や踏み台にされた気分でモヤモヤ。
    他人を下げて好感度をあげようとする作戦は誰もいい気分になりません。

    嫌われるあざとい女の特徴④ わざとらしすぎるぶりっ子

    • 女子会ではもりもりご飯を食べているのに、イケメンの先輩が同席する飲み会ではちびちび食べながら「もうお腹いっぱい〜」と少食アピール
    • 友達の間では酒豪で通っているのに、合コンでは1杯飲んで「酔っちゃった〜」とお酒弱いアピール


    「いつもそうじゃないじゃん…」と、周りの女性陣は女子の前とのギャップにイラッとしてしまいます。

    嫌われるあざとい女の特徴⑤ 女子の前とはまったく違う甘ったるい声

    • 狙っている男子の前では、鼻にかかるようなにゃんにゃん声で話し出す
    • 友達とわーわー話していたのに、男からの電話に出た途端、よそ行きの甘いトーンで話し始める


    見ていた女性は、切り替えの幅の大きさとあからさまな態度の変化にドン引きしてしまいます。

    あざとい女に学ぶモテテクニック&あざとさを使うベストタイミング

    あざとい女の特徴は?嫌われるあざとい女とあざとかわいい女子から学ぶモテテクニック 2番目の画像

    嫌われるあざとい女は、あざとさが度を超えていているため、嫌われてしまいます。

    しかし、あざとかわいいテクニックの使い方や使うタイミングを間違えなければ、同性から嫌われるリスクを抑えてモテることができます。

    あざとい女に学ぶモテテクニック

    少しあざといけれど、確実に男性に響くあざとかわいいモテテクニックは具体的に3つ。

    モテテクニック① 上目遣い
    ◆ 2人で話していると、さりげない上目遣いで見つめてくる

    ◆ こちらの話に「詳しいですね」と感心しながらの上目遣い
    モテテクニック② 軽いボディタッチ
    ◆ 「ホントに?」と軽いツッコミを入れながら、相手の二の腕あたりを突く

    ◆ 「あっちに行きましょうよー」と言いながら、軽く手を引っ張っていく
    モテテクニック③ 自然と距離を縮めてくる
    ◆ 大した内緒話でもないのに、「内緒ですよ」と言いながら、顔を近づけ、耳打ち

    ◆ パーティなどで「さっきからゆっくり話してみたかったんです」と近くの席に移動してくる

    こうしたあざとい行動は、女性からするとわざとらしく思えるアクションかもしれません。しかし、男性側からすると、嫌な気持ちにはならない、騙されてもいいなとすら思えるモテテクニック。

    そして重要なのは、本当に落としたい男性と1対1で会ったときにあざとさを発揮することです。

    【関連記事】 魔性の女の特徴って?男性がハマる魔性の女の特徴7選

    【関連記事】 小悪魔女子はモテる!男ウケする6つの特徴とすぐ真似できる小悪魔テクニック

    あざといテクニックを使うおすすめのタイミングは、初めて2人で会ったとき

    あざとい女の特徴は?嫌われるあざとい女とあざとかわいい女子から学ぶモテテクニック 3番目の画像

    あざといテクニックを使うタイミングは、男性と1対1で会ったときがベストです。

    というのも、女性陣の目がないところで発揮することで無駄な反感を買うことなく、狙いの男性に対して心理学で「初頭効果」と呼ばれる効果を期待できるから。

    「初頭効果」とは、知り合って間もないうちに相手から受けた印象はその後も強く残るという心理効果のことです。研究では2秒で第一印象が決まり、その効果は半年持続するというデータも。

    私たちは最初に受けた印象を基準として、「あの子はこんな女性だ」と思い込み、その後は自分の決めた人物像に合うよう彼女の言動をプラスに解釈していく傾向があるのです。

    「初頭効果」の具体例①
    初めて2人で会ったとき、男性がちょっとしたうんちくを披露したとしましょう。

    それに対して、「○○さん、さすがですね!」とボディタッチ多めのリアクションを返すだけで、男性は「熱心に聞いてくれる、いい子だな」と好印象を抱き、「話をよく聞いてくれるいい子」というイメージが定着します。
    「初頭効果」の具体例②
    初デートで目的地に向かうとき、「本当に地図が読めなくて、すぐ迷っちゃうんです」と女性が手助けを求めてきたら、男性は女性に対してあざとさよりもかわいらしさを感じます。

    そして、「甘え上手な可愛らしい子」というイメージが定着するのです。

    この効果を利用し、相手の男性に「可愛い女の子」というイメージを植え付けたいなら、あざといテクニックを使うベストタイミングは初めて二人で会うときだと言えます。

    【関連記事】 肉食系女子は恋愛に強い!実はモテる肉食女子の特徴と相性のいい男性を解説

    【関連記事】 モテる女の特徴&必須条件は?男性に確実に好かれる女性の外見・性格・仕草・会話・LINEまとめ

    あざとさは「ここぞ!」という場面で出して武器にしよう!

    このように同性から見れば「あざとい女」と思われ嫌悪感を抱かれそうな言動でも、2人きりのときに駆使すれば、それは賢いモテテクニックに変わるのです。

    「こんなことしたら、あざといかも……」と自分を抑えずに、ここぞ!  という場面ではあざとさを武器にしていきましょう。

    出典:メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」


    #モテない
    #アプローチ
    #自分磨き
    #男性心理
    #女性心理
    #モテる女
    #心理テクニック
    #恋愛心理学
    #女性向け

    夏に恋をするなら
    【メンタリストDaiGo監修の恋活アプリ】with(ウィズ)

    個別バナー編集用 5番目の画像

    恋活アプリwithなら、性格分析と相性診断の結果に基づいた相性ぴったりの恋人がみつかります。