出会いを科学する

 【恋愛診断】「恋愛とは、不公平である」と考える恋愛スクリプトの特徴とサブタイプ
    Avatar
    メンタリストDaiGo監修
    #恋愛心理学
    2018年10月17日 更新

    【恋愛診断】「恋愛とは、不公平である」と考える恋愛スクリプトの特徴とサブタイプ

    「恋愛とは、不公平である」と考える恋愛スクリプトの特徴やサブタイプって…?
    今回は、
    ・「恋愛とは、不公平である」というスクリプトの特徴
    ・サブタイプ
    ・この考え方を持つ人との上手な付き合い方
    などを詳しく解説します。

    恋愛スクリプトとは

    恋愛スクリプトとは、心理学の研究によって明らかになってきた私たちの持つ「恋愛への信念・価値観」のことです。

    どういう関係、どんな状況であれば、本人が相手を愛している、相手から愛されていると感じられるのかを示しています。

    2001年のイエール大学の調査では、同じ恋愛スクリプトを持った男女ほど親密感が高まりやすく、恋愛関係に発展しやすいことがわかっています。

    また、相手の恋愛スクリプトを理解し、それを尊重するよう心がければ、違う恋愛スクリプトの持ち主でも安定した恋愛関係を築くことができるのです。

    恋愛スクリプトは、主に以下の7つに分かれています。

    7つの恋愛スクリプト
    ①恋愛とは、男女平等である
    ②恋愛とは、ロジックである
    ③恋愛とは、過去とのつながりである
    ④恋愛とは、幻想と理想である
    ⑤恋愛とは、特殊な体験である
    ⑥恋愛とは、服従である
    ⑦恋愛とは、不公平である

    そしてそれぞれにサブタイプが存在します。

    その中でも今回は、「⑦恋愛とは、不公平である」と考えるスクリプトについて詳しくご紹介します。

    「恋愛とは、不公平である」
    といったスクリプト

     【恋愛診断】「恋愛とは、不公平である」と考える恋愛スクリプトの特徴とサブタイプ 1番目の画像

    「恋愛とは、不公平である」という恋愛スクリプトを持つ人は、恋愛は必ずどちらかが犠牲を払い、我慢をする不公平な関係性だと考えます。

    サブスタイルは7つあり、この恋愛スクリプトが最も多くの人に当てはまる信念、価値観であることを示しています。

    「恋愛は犠牲や我慢がつきもの」と考える
    7つのサブタイプ

    サブタイプは7つと少々多めですが、それぞれ詳しく解説します。

    ① 恐怖タイプ

    パートナーに圧力を与え、恐れを抱かせることが必要だと考えるタイプ。

    このタイプの人は、恋愛において自分が優位に立つことを求めます。

    亭主関白や鬼嫁といったイメージです。

    言葉や態度、収入、地位などを使って、パートナーに圧力を与え、従わせる形で2人の間の関係性を作っていこうとします。

    度が過ぎれば、ドメスティック・バイオレンスに発展してしまうこともあるでしょう。

    ② SFタイプ

     【恋愛診断】「恋愛とは、不公平である」と考える恋愛スクリプトの特徴とサブタイプ 2番目の画像

    一風変わった奇妙な人こそ、自分の恋愛相手に最適だと考えるタイプ。

    このタイプの人は、自分が愛するに値するのは一般的に見ると変わった性格の人だと考えています。

    • 芸術肌の人
    • 哲学的な人
    • 音楽を愛する人
    • 一心に趣味に打ち込んでいる人
    • 病いを抱えている人


    …そういったパートナーに対して自己犠牲を払いながら、支えていくことが恋愛だと信じています。

    ③ ミステリータイプ

    お互いのすべてを知る必要はなく、ミステリアスな関係が大事だと考えるタイプです。

    このタイプの人は、謎の多さに魅力を感じ、恋愛のドキドキを味わおうとします。

    相手の過去の恋愛、人生観、人間関係などにはあまり興味を持たず、それを詳しく聞こうとも、知ろうともしません。

    ただお互いが会っている時間を大切にし、今ここで向き合いは、他は謎のままにしておきたいと考えます。

    そのミステリアスな関係が、このタイプの人の恋愛感情を高ぶらせるのです。

    ④ 劇場タイプ

     【恋愛診断】「恋愛とは、不公平である」と考える恋愛スクリプトの特徴とサブタイプ 3番目の画像

    告白、お祝いなど、良好な恋愛関係には演出が欠かせないと考えるタイプです。

    このタイプは、告白、お互いの誕生日、クリスマス、プロポーズ、結婚記念日など、イベントを大切にし、お互いに楽しむことが愛を深めていくと考えます。


    ・感謝していることがあれば「ありがとう」と伝える

    ・ちょっとした機会に花束を送る

    ・忙しくても息抜きのランチやディナーを楽しむ


    逆にそうした日常に潤いを与える演出がうまくできない人に対しては、長く恋愛感情を維持することができません。

    自分が何を大切にしているのかをパートナーに伝えるよう心がけましょう。

    ⑤ 戦争タイプ

    恋愛とは戦いと価値観の衝突の連続で、ケンカすることで絆が深まると考えるタイプ。

    このタイプの人は、価値観をぶつけ合い、理解し合うことで愛が深まっていくと考えます。

    • 納得のいかないこと
    • よくわからない相手の言動
    • お金の使い方

    …など、価値観が相容れないと感じたときは、ケンカになったとしても突き詰めなければ気が済みません。

    そして、その繰り返しによってこそ、2人の絆が強くなると信じているのです。

    もし、相手が争いを避けがちな人の場合、このタイプの人は「自分は愛されていないのでは?」と疑念を抱き、不安になります。

    ⑥ 独裁タイプ

     【恋愛診断】「恋愛とは、不公平である」と考える恋愛スクリプトの特徴とサブタイプ 4番目の画像

    一方が力を持ち、パートナーを支配することが愛であると考えるタイプ。

    このタイプの人は、一方がもう一方のパートナーを支配するのが愛の形であると考えます。

    自分が相手を支配したいわけではなく、恋愛関係とは一方が支配権を持ち、もう一方は支配されることを望んだときにうまくいくと信じているのです。

    そのため、このタイプは支配する側にも、支配される側にもなることができます。

    ただし、一般的な人間関係の中では支配する側に回る人が少ないため、自然とこのタイプの人が支配者の役回りを担うことになるのです。

    ⑦ コレクションタイプ

    自分の人生計画にフィットする相手を選ぶことが重要だと考えるタイプです。

    このタイプの人は、自分の人生設計を明確に持っていて、恋愛もそこにうまく当てはまることが重要だと考えます。

    例えば、「自分は何歳で結婚する」と決めているなら、その年齢になったときに恋人がいなくても、本気で婚活に乗り出し、パートナーを見つけようとします。

    自分のライフプランにパズルのピースをハメるように恋愛を扱うので、冷たい人と思われることもあるでしょう。

    しかし、パートナーが人生計画にフィットしているかぎり、非常に誠実に相手と向き合い、大切に扱うとも言えます。

    こちらの恋愛スクリプトを持つ人と
    付き合うときの注意点

     【恋愛診断】「恋愛とは、不公平である」と考える恋愛スクリプトの特徴とサブタイプ 5番目の画像

    「恋愛とは、不公平である」という恋愛スクリプトを持つ人たちに共通するのは、恋愛関係は壊れやすく、不安定であるという認識です。

    だからこそ、どちらかがより多く努力し、多くの時間を割き、関係を維持していかなければならないと考えます。

    それが「恋愛とは、不公平である」という価値観の根底にあるものです。

    好きだという気持ちがあれば良好な恋愛関係が続いていく、と考えるタイプの人には、この恋愛スクリプトを持つ人が感じている不安感がよくわかりません。

    「そんなに頑張らなくても、好きだから大丈夫だよ」と言っても、「恋愛とは、不公平である」と信じている人は関係を維持するための努力を続けるのです。

    つまり、この恋愛スクリプト以外の人がうまく付き合っていくには、すれ違いの存在を受け入れることが欠かせません。

    あなたが「やりすぎ」と感じてしまう相手の努力は、あなたのことが好きで関係をより良くしていきたいからだ、と理解していきましょう。


    #長続きする恋愛
    #婚活

    好きな人が見つかる婚活アプリ

    testのコピー 2番目の画像

    メンタリストDaiGoが監修するwithは、共通点や価値観、性格の相性で相手を探すことができる婚活・恋愛マッチングサービス。心理学・統計学に基づいた診断で、運命よりも確実な相手を探してみませんか。