出会いを科学する

 【恋愛診断】「恋愛とは、服従である」と考える恋愛スクリプトの特徴とサブタイプ
    Avatar
    メンタリストDaiGo監修
    #恋愛心理学
    2018年10月17日 更新

    【恋愛診断】「恋愛とは、服従である」と考える恋愛スクリプトの特徴とサブタイプ

    「恋愛とは、服従である」と考える恋愛スクリプトの特徴やサブタイプって…?
    今回は、
    ・「恋愛とは、服従である」というスクリプトの特徴
    ・サブタイプ
    ・この考え方を持つ人との上手な付き合い方
    などを詳しく解説します。

    恋愛スクリプトとは

    恋愛スクリプトとは、心理学の研究によって明らかになってきた私たちの持つ「恋愛への信念・価値観」のことです。

    どういう関係、どんな状況であれば、本人が相手を愛している、相手から愛されていると感じられるのかを示しています。

    2001年のイエール大学の調査では、同じ恋愛スクリプトを持った男女ほど親密感が高まりやすく、恋愛関係に発展しやすいことがわかっています。

    また、相手の恋愛スクリプトを理解し、それを尊重するよう心がければ、違う恋愛スクリプトの持ち主でも安定した恋愛関係を築くことができるのです。

    恋愛スクリプトは、主に以下の7つに分かれています。

    7つの恋愛スクリプト
    ①恋愛とは、男女平等である
    ②恋愛とは、ロジックである
    ③恋愛とは、過去とのつながりである
    ④恋愛とは、幻想と理想である
    ⑤恋愛とは、特殊な体験である
    ⑥恋愛とは、服従である
    ⑦恋愛とは、不公平である

    そしてそれぞれにサブタイプが存在します。

    その中でも今回は、「⑥恋愛とは、服従である」と考えるスクリプトについて詳しくご紹介します。

    「恋愛とは、服従である」
    といったスクリプト

     【恋愛診断】「恋愛とは、服従である」と考える恋愛スクリプトの特徴とサブタイプ 1番目の画像

    「恋愛とは、服従である」という恋愛スクリプトを持つ人は、恋愛が成立するためにはパートナーどちらかの服従ないし、強い束縛が必要だと考えます。

    サブタイプは2つあり、どちらもかなり両極端な考えに縛られていると言えるでしょう。

    恋愛ドラマや恋愛映画、もしくはサスペンス系の物語に登場するエキセントリックな男女関係をイメージすると、この恋愛スクリプトを持つ人の信念が理解しやすいかもしれません。

    束縛か、自己犠牲か。
    両極端な2つのサブタイプ

    2つのサブタイプを、それぞれ詳しく見ていきましょう。

    ① ポリスタイプ

    常にパートナーを束縛し、監視しなければならないと考えるタイプです。


    ・毎日、恋人に「どこにいるの?」というメッセージを送る人

    ・友達と食事に行くこと、行ったことがわかるとやきもちを焼く人

    ・異性の友人の存在を知ると怒る人


    こうした傾向がある人は、ポリスタイプだと言えるでしょう。

    このタイプの人は、愛している、愛されていることを確認し続けないと不安に感じてしまうことから、愛のためには常にパートナーを監視しなければならないと考えているのです。

    しかし、この束縛が相手の許容範囲を越えてしまうと、恋愛関係そのものを壊してしまう場合もあるので注意が必要です。

    ② 犠牲タイプ

     【恋愛診断】「恋愛とは、服従である」と考える恋愛スクリプトの特徴とサブタイプ 2番目の画像

    自分を犠牲にし、相手に貢ぎ続けなければならないと考えるタイプ。

    このタイプの人は、「愛とは相手に何かを与え、自分を犠牲にする行為である」と考えます。

    • お金のない相手に貢いでしまう
    • 束縛されないと不安になる
    • 自分のスケジュールを簡単に相手に合わせてしまう

    こうした傾向がある人は、犠牲タイプだと言えるでしょう。

    付き合う相手によっては「重たい」と感じるような接し方になりますが、ポリスタイプと犠牲タイプが出会うとしっくりいきます。

    売れないミュージシャンを支える恋人、ホストやホステスの売上を支える顧客といったイメージです。

    とはいえ、犠牲の度が過ぎてしまうと非常に危険な恋愛になってしまう可能性があります。

    このタイプの人は、自分の恋愛スクリプトを理解した上で、少しブレーキを踏んだ方が幸せになれると言えるかもしれません。

    こちらの恋愛スクリプトを持つ人と
    付き合うときの注意点

     【恋愛診断】「恋愛とは、服従である」と考える恋愛スクリプトの特徴とサブタイプ 3番目の画像

    別の恋愛スクリプトを持っている人が、「恋愛とは、服従である」という恋愛スクリプトを持つ人と付き合うのはなかなか難易度が高いと言えるでしょう。

    ポリスタイプの束縛は度が過ぎるとストーキングのようになり、犠牲タイプの自己犠牲もいずれは相手にとって重荷となっていきます。

    どうしても「恋愛とは、服従である」という恋愛スクリプトを持つ人と付き合いたい場合は、ポリスタイプか犠牲タイプかを見極め、相手の束縛や犠牲を、ある程度受け入れながらあなたがバランスを取っていく必要があります。

    逆にポリスタイプの人、犠牲タイプの人は、自分の恋愛スクリプトが相手に及ぼす影響を理解し、ほどよいレベルの束縛、自己犠牲を心がけましょう。

    それができない場合、その恋愛は悲しい結末に終わる可能性が高いでしょう。


    #長続きする恋愛
    #婚活

    好きな人が見つかるアプリ

    バナー用テスト 7番目の画像

    メンタリストDaiGoが監修するwithは、共通点や価値観、性格の相性で相手を探すことができる婚活・恋愛マッチングサービス。心理学・統計学に基づいた診断で、運命よりも確実な相手を探してみませんか。