出会いを科学する

今の彼女と別れても大丈夫?判断基準と新しい彼女へきれいに乗り換える方法
    Avatar
    メンタリストDaiGo監修
    #男性向け
    2018年07月20日 更新

    今の彼女と別れても大丈夫?判断基準と新しい彼女へきれいに乗り換える方法

    最近彼女との関係にマンネリ感を覚え、気になる女性に乗り換えようか悩む男性も多いのでは?
    そこので今回は、乗り換えるかどうかに対するアドバイスとともに、
    ・マンネリを感じる理由
    ・別れ話をするコツ
    …も合わせてお教えします。

    あなたは、今の彼女との間にマンネリ感を覚えていませんか?

    • 会ってもお互いスマホを見ているばっかり
    • 近所のショッピングモールを回って、フードコートでごはんを食べて、デートもマンネリ
    • 付き合った頃ほど、彼女の笑顔を見てもときめかない
    • 小さなことで「負けられない」とケンカになることが増えてきた
    • 将来、結婚するイメージが湧かない


    そんなとき、学校や職場であなたに好意を見せてくる人が現れたら、気持ちが動いてしまうもの。

    とはいえ、彼女との付き合いは長く、マンネリ感はあるものの関係も安定しています。

    果たして、

    気になる女性に乗り換えるべきなのか。
    乗り換えるにしても、今の彼女とすんなり別れることができるのか。
    それとも現状維持が、意外と幸せな道なのか。

    今回は、そんなマンネリ問題の悩みを打破するアドバイスをしたいと思います。

    恋の賞味期限は3年。
    付き合いが長くなり感じるマンネリ感は本物

    まずあなたが抱えているマンネリ感は、本物です。
    というのも、「恋の賞味期限は3年」と科学的に証明されているからです。

    恋が3年で終わる原因「フェネチルアミン」

    今の彼女と別れても大丈夫?判断基準と新しい彼女へきれいに乗り換える方法 1番目の画像

    燃えるような恋を感じるために必要な物質で「フェネチルアミン」というものがあります。

    付き合いたてのカップルがこの世で一番幸せな2人くらい笑い合っているのは、お互いの脳内でフェネチルアミンを十分に分泌しているからです。

    ところが、このフェネチルアミンは最長で3年間しか分泌されないことがわかっています。

    もし、あなたが今の彼女と3年以上付き合っているのなら、マンネリ感を感じて当たり前、ということです。

    他の女性に目を向けるのもあり

    上記のことをふまえた上で、相手への「情」よりも、一緒にいることのしんどさが増しているなら、次の恋を視野に入れていいと言えるでしょう。

    一度、「好き」という感情が抱けなくなった相手をもう一度好きになるのは難しいことですし、無理して付き合い続けるのはつらいことです。

    仮に「別れたくないけど、マンネリ感をなんとかしたい」のなら、他の女の子と遊んでみればいいと思います。

    相手を傷つける可能性も否めませんが、確実に2人の関係に変化がもたらされるはずです。

    「この人が好きかもしれない」
    という直感は次の恋の始まり

    続いて、あなたが「好意を寄せられている?」あるいは「好きになったかも?」と思っている女性についてです。

    実は、私たちが相手の能力を判断するために必要な時間はだいたい50ミリ秒(0.05秒)だといわれています。
    それほどわずかな時間で、相手の能力を測っているのです。

    これは恋愛の場合も変わらず、やや時間は長くなりますが、90秒から4分の間で「恋愛対象になる相手かどうか」を決めています。

      つまり、あなたが「好意を寄せられている?」あるいは「好きになったかも?」と判断している時点で、相手の女性は恋愛対象に入っているということ。

    言わば、次の恋はもう始まっているのです。

    相手のことを観察、分析するくらいなら、
    さっそくアクションを起こしていこう

    今の彼女と別れても大丈夫?判断基準と新しい彼女へきれいに乗り換える方法 2番目の画像

    もしかすると、

    「将来を考えて長く付き合えそうな女性か」
    「趣味があって一緒にいて楽しそう」
    「この子と付き合ったら自分を高められそう」

    …など、相手の女性のことを観察、分析したいと思うかもしれません。

    しかし、私からのアドバイスは「アクションを起こすこと」です。

    シリコンバレーでは「Fail Fast」という言葉がよく使われています。日本語に訳すなら、「早く失敗しろ」という意味です。

    これは失敗が早ければ、その分やり直す時間、工夫する時間ができるので、「成功したければ、早く失敗して、またチャレンジしよう」というメッセージになっています

    もしかすると、長く彼女と付き合ってきたあなたは、単に身近に現れた女性を目新しく感じているだけかもしれません。

    極端な言い方ですが、世の中に女性はたくさんいます。

    もし、その相手に対してデートに誘う、告白するなどのアクションを起こして、うまくいかなかったとしても、次のチャンスへと進めばいいだけです。

    間違っても「こんなことなら、前の彼女と別れるんじゃなかった……」と後悔しないこと。
    人生は前にしか進んでいきません。

    バナー編集用 5番目の画像

    自分だけがいい格好をして
    相手を傷つけない別れ方はありません

    今の彼女と別れても大丈夫?判断基準と新しい彼女へきれいに乗り換える方法 3番目の画像

    最後に「長く付き合ってきた彼女とすんなり別れる方法」ですが、これには正解がありません。

    情も移り、なかなか別れが言い出せないこともあるでしょう。

    また、相手から別れを切り出してくれる作戦を立てたいと思ってしまう気弱な面が出てしまうこともあるかもしれません。

    「彼女の話を聞かないようにする」ことで、相談相手にならず、彼女の心をあなたから遠ざけるといった心理テクニックはありますが、あくまでも別れの準備になるレベルものです。

    しかし、別れは別れです。相手をまったく傷つけない方法はありませんから、しっかりと真摯に別れの言葉を伝え、これまでの感謝の気持ちも添えましょう。

    きっとあなたもマンネリを感じていたように、彼女もまたあなたにマンネリ感を持っていたはずです。

    また、本質的に女性の方が環境の変化への対応力は高いので、別れを切り出すことを必要以上に恐れることはありません。

    まとめ

    いかがでしたか?今回の内容をまとめると以下の通りです。

    • 3年以上付き合っているのなら、マンネリ感を感じて当たり前
    • 他の女性と遊んでみるのもあり
    • 「Fail Fast」の精神でチャレンジ&前に進もう!
    • 別れを告げるときは感謝の気持ちも添えると◎


    あなたがマンネリを感じているのなら、今の彼女も感じているはず。

    お互いのためにも、思い切って新しい恋に乗り換えてみるのもありなのではないでしょうか。


    #カップル
    #別れの心理学

    「彼女がいる休日」って幸せだ

    バナー編集用 6番目の画像

    メンタリストDaiGoが監修するwithは、共通点や価値観、性格の相性で相手を探すことができる婚活・恋愛マッチングサービス。心理学・統計学に基づいた診断で、運命よりも確実な相手を探してみませんか。