出会いを科学する

社会人になったら彼氏ができなくなった…忙しくても彼氏を作る方法を教えます
    Avatar
    メンタリストDaiGo監修
    #女性向け
    2018年07月20日 更新

    社会人になったら彼氏ができなくなった…忙しくても彼氏を作る方法を教えます

    仕事をはじめてから忙しくて彼氏ができない!と嘆く女性は多いですよね。
    出会いがなかったり、時間がなかったり、そもそも理想が高かったりなんて事も。
    そこで今回は、忙しい毎日をおくる女性のみなさんに彼氏を作るコツをご教示いたします。

    身近に「社会人になってからなかなか彼氏ができなくなった」と言っている人いませんか?  もしかすると、あなたもその1人かもしれません。

    なぜ彼氏ができなくなったのでしょうか?

    理想が高いから、見た目の努力を怠っているから、受け身になっているから、前の恋の終わり方がつらくて臆病になっているから、忙しくて家にひきこもりがちになっているから……など、さまざまな理由があると思います。

    でも、実際はもっとシンプルなことが原因になっている可能性があります。今回は、毎日がんばっている社会人のあなたに向けて、今すぐ実践できる彼氏を作るためのメソッドを教えます。

    偶然の出会いを見逃していませんか?

    社会人になったら彼氏ができなくなった…忙しくても彼氏を作る方法を教えます 1番目の画像


      社会人になってから急に彼氏ができにくくなる問題の原因……それは、出会いの減少です。それも出会いそのものがなくなっているのではなく、働く女性の視野が狭くなっていることに原因があります。

      心理学の世界には、「プランド・ハップンスタンス(Planned Happenstance)」という考え方があります。これはスタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授が発表した有名なキャリアに関する理論です。

      日本語に訳すと「計画された偶発性」。なんだか難しいですが、要約するとこうなります。

    プランド・ハップンスタンスの考え方

    • 人生の成功の8割は、予期しない偶然によってもたらされる
    • 時間をかけ、綿密な計画を立てるよりも、自ら積極的に行動を起こすことでチャンスにつながる偶然に遭遇する確率は高くなる

      クランボルツ教授が「プランド・ハップンスタンス」を発表するまで、より良いキャリアを積むためには、事前に計画を立て、一歩一歩ステップを踏みながらゴールに向かうことが正解とされてきました。

      彼氏探しに置き換えれば、「年収700万円以上」「高学歴」「イケメン」「公務員」といった基準を定め、出会う人、出会う人を条件に合うかどうかでふるいにかけていく方が、理想の男性と交際できるという考え方です。

     しかし、クランボルツ教授は先行きが不透明で価値観も多様な現代では、どれだけ事前にプランを立てても実現には限界があり、むしろ、自然体で偶然に身を任せる方が成功に近づくと提唱したのです。

    人生は計画しきれるものではなく、いろいろなことが起こります。恋愛における出会いも、より良いキャリアと同じように、偶然性を信じることで可能性が広がっていくわけです。

    「効率化重視」は出会いの可能性を狭めてしまう


      仕事が充実してくると、まだ見ぬパートナーへの要求も自然と高くなっていきます。また、仕事ができる人ほど効率化を重視します。ですから、「年収700万円以上」「高学歴」「イケメン」「公務員」といったラベリングで参加者を限定するパーティや合コンに通った方が、確実……と思う気持ちはわかります。

      しかし、「人生の成功の8割は、予期しない偶然によってもたらされる」のです。人生を変える出会いもまた、予期しない偶然によってもたらされます。

    例えば、「職場での出会いは面倒」「学生時代の仲間との飲み会は昔を振り返るばっかりでつまらない」など、自分のあるべき姿を決めつけすぎては、偶然との出会いを逃してしまいます。

    実際、国立社会保障・人口問題研究所が未婚のカップル、結婚したカップルに行った調査でも、出会いのきっかけは学生時代の友人、職場が上位に入っています。

    「夫婦について夫妻が知り合ったきっかけをみると、「友人・兄弟姉妹を通じて」、「職場や仕事で」がそれぞれ30.9%、28.1%とおよそ3割で、次いで「学校で」が11.7%となっている。これら上位3つは、順番は異なるものの未婚者と共通で、未婚者と同様全体の約7割を占めている」

    「同級生はなし」「職場恋愛はなし」は恋愛対象外と決めつけず、視野を広げていきましょう。気の置けない学生時代の仲間と遊ぶ時間は、リラックスして自分を見つめ直すいい機会になります。そして、職場で熱心にプロジェクトに参加するあなたの姿を、将来のパートナーが好意的に見つめているかもしれません。

    行動範囲を広げると舞い込む「運命の出会い」

    社会人になったら彼氏ができなくなった…忙しくても彼氏を作る方法を教えます 2番目の画像

     最初は「タイプじゃないかも」と感じた相手でも、一度はゆっくり話してみる。そんなふうに偶然を受け入れ、楽しめるようになると、思わぬ出会いが増えていきます。

    実際、結婚したカップルの多くが第一印象から「この人しかいない」という出会いを経てゴールインしているわけではありません。

    「最初はピンとこなかったんだけど、今は幸せ」という言葉をどこかで聞いたことがあるように、偶然の出会いから幸せな生活を送るカップルは確かにいます。

      もしも、あなたが今、「社会人になったらいい出会いがなくて、彼氏が作りにくくなった!」と感じているならば、 効率重視の出会いや彼氏候補のラベリングは一旦お休みして、好奇心を持って行動範囲を広げように心がけていきましょう。

      計画された偶発性が、あなたに運命の出会いを運んできてくれるはずです。


    #彼氏を作る
    #社会人の恋愛
    #出会いのきっかけ
    #女性向け

    好きな人が見つかる婚活アプリ

    testのコピー 2番目の画像

    メンタリストDaiGoが監修するwithは、共通点や価値観、性格の相性で相手を探すことができる婚活・恋愛マッチングサービス。心理学・統計学に基づいた診断で、運命よりも確実な相手を探してみませんか。