出会いを科学する

愛する彼女には花を贈ろう。プレゼントに花束を贈るべき理由
    Avatar
    メンタリストDaiGo監修
    #男性向け
    2018年08月24日 更新

    愛する彼女には花を贈ろう。プレゼントに花束を贈るべき理由

    「彼女が目一杯喜んでくれるものを贈りたい!」と彼女へのプレゼント選びに頭を悩ませる男性は数多くいます。もし、あなたが今頭を悩ませている最中なら、花束を贈ることをオススメします。愛する女性に花を贈るべき理由について解説します。

    バッグやアクセサリーのように実用性があるわけでもなく、いずれ枯れてしまい、ずっと咲き続けているわけでもない花束などのフラワーギフト。

    男性の皆さんは「花なんてもらっても、そこまで嬉しくはないだろう」と考えることでしょう。

    ところが、多くの女性はプレゼントとして花を贈られたとき、心を動かされ、笑顔に変わります。

    実際、女性の84.0%(既婚女性の85.1%、未婚女性の80.0%)が、「相手を好きになる」「相手を見直す」「うれしい」などと答え、花を贈ってくれた相手に対してポジティブで好意的な意識を持つことがあきらかになっているのです。
    ※一般社団法人「花の国日本協議会」(旧フラワーバレンタイン推進委員会)が全国20代~50代の男女1,000名を対象に実施した「花贈り」に関する意識調査より

    なぜ、女性は花にこれほど心を動かされるのでしょうか。

    今回は、実用性を重要視しがちな男性にはわかりにくいプレゼントに対する女性心理を解説します。

    女性が非実用的なプレゼントをもらって喜ぶ理由

    実用性のないプレゼントは、ダイレクトに愛情が伝わるからうれしい!

    愛する彼女には花を贈ろう。プレゼントに花束を贈るべき理由 1番目の画像

    女性が男性からのプレゼントとして花や手紙のような実用性の乏しいものに喜び、心動かされるのは、男性に対する一種のテストの意味合いがあります。

    • 付き合う前であれば、本当に男性の気持ちが自分に向かっているのか。
    • 付き合っている2人、結婚しているカップルであれば、今も彼は自分を大切に思っているのかどうか。


    男性の自分に対する
    感情の動きを、花という実用性のないプレゼントによって本能的に見極めようとしているのです。

    女性が、明日すぐに役立つもの、生活のために欠かせないものを「欲しい」と伝えた場合、男性は「必要だから」と納得してプレゼントしてくれます。

    しかし、恋愛感情を確認するためには、この「必要だから」という納得が邪魔になるわけです。

    男性にしてみると、花は何に使うのか謎で、すぐに枯れてしまうわりには高価な商品。言わば、無駄遣いと思えるようなものを、彼女が笑顔になってくれるから、妻が「喜ぶから」という理由で購入し、プレゼントする。

    この一連の行動が、男性の純粋な好意の表現として女性に受け止められているのです。

    彼女からのプレゼントのリクエストは、
    彼氏の気持ちを確かめるテスト

    これはアクセサリーや靴をプレゼントに求める心理にも共通しています。

    女性は好みのアクセサリーや靴は、自分で選んで買っています。クローゼットには十分な数のアクセサリーや靴が揃っているのです。

    揃っているにも関わらず、誕生日や記念日のプレゼントに指輪、ネックレス、ピアス、イヤリング、ブレスレットなどのアクセサリーや、靴、バッグなどの小物を「欲しい」と言う女性は少なくありません。

    もちろん、そこには美しいもの、かわいいものを好む傾向が表れているのですが、そこには自分を好きか、今も気持ちがこちらに向いているかを試すテストの意味合いがあるのです。

    加えて、進化心理学的に説明するなら、こういう理由もあります。

    女性が喜ぶという効果のためだけに大きな資本を投下できるオスは、一定の経済力を持ち、優秀。ともに家庭を築き、暮らしていくパートナーとして評価ができる、とも。

    美しい花束やアクセサリーのプレゼントの裏側には、こんな生々しい人間の心理が隠されているのです。


    実用性の高いプレゼントを求める女性=「黄金泥棒」にご注意!

    愛する彼女には花を贈ろう。プレゼントに花束を贈るべき理由 2番目の画像

    男性のみなさん、大切に思っている女性から実用性の乏しい贈り物を求められたら、必ず応えていきましょう。くれぐれも白物家電や商品券などをプレゼントしないように。

    あなたに求められているのは、役立つ贈り物を選ぶ能力ではなく、彼女を大事に思い、一見、無駄遣いのようなお金の使い方を彼女のためにができるかどうかなのです。

    ちなみに、女性の中にも男性に対して、具体的にブランドや用途を指定して、実用品を欲しがる人がいます。

    女性心理の研究者に言わせると、こうしたタイプの女性は「黄金泥棒」と呼ばれ、プレゼントを受け取る目的が金品目的であることが多いからです。

    ですから、換金性の高い商品を贈ってほしいとねだり、十分に相手の男性からプレゼントを引き出したら、去っていきます。

    ごく一部ですが、感情のテストではなく、営利目的でプレゼントを求める女性たちもいるということです。

    いずれにしろ、女性へのプレゼント選びには、ご注意ください。

    とはいえ、考えすぎても人間の闇を覗くことになりますから、「彼女の笑顔がうれしいから」、「妻を笑顔にしたいから」と何も知らぬふりをして花やアクセサリーなど非実用品を贈るのがベターです。


    まとめ

    いかがでしたか?それでは、今までの内容をまとめると以下のとおりです。

    女性は非実用的なプレゼントを喜ぶ
    花束や指輪などのアクセサリーは、実用性がないからこそ、男性の自分に対する愛情を確認できるため、女性は非実用的なプレゼントに感情を動かされる
    花束やアクセサリーをリクエストされたら贈ろう
    女性から非実用的なプレゼントをねだられたときは、男性の気持ちが今も自分に向いているか試されている可能性大。実用性がなくても贈っておこう
    実用的なもの、換金性の高いものをねだられた時は要注意
    「黄金泥棒」と呼ばれる、感情のテストではなく、営利目的でプレゼントを求める女性たちがごく一部存在する

    非実用的なプレゼントを贈って、彼女が心から喜んでいる様子を見せたら、それは「あなたから思われていることが嬉しい」ということの表れです。
    ちょっとしたプレゼントには花束を贈ってみてはいかがでしょうか。


    #アプローチ
    #女性心理
    #恋愛心理学

    スマホで出会いを見つけよう

    バナー用テスト 3番目の画像

    メンタリストDaiGoが監修するwithは、共通点や価値観、性格の相性で相手を探すことができる婚活・恋愛マッチングサービス。心理学・統計学に基づいた診断で、運命よりも確実な相手を探してみませんか。